macOS 10.15 Catalinaの新機能まとめ。

スポンサーリンク

 macOS 10.15 Catalinaの新機能まとめページです。詳細は以下から。

macOS 10.15 Catalina

スポンサーリンク

システム環境設定

 macOS 10.15 CatalinaではMacの設定を行うシステム環境設定のレイアウトが変更され、スクリーンタイムやSidecarの機能た追加されました。

macOS 10.15 Catalinaのシステム環境設定

  1. macOS 10.15 Catalinaではシステム環境設定アプリのレイアウトが変更され、iOSの設定アプリと同じくユーザー情報がトップに。
  2. macOS 10.15 CatalinaではMacの使用時間やアプリの使用状況をレポートにして表示してくれる「スクリーンタイム」が追加。アプリの使用制限にも利用可能。
  3. macOS 10.15 CatalinaではiTunesが廃止されミュージックとPodcast、TVアプリに別れたのに伴い、ホームシェアリング機能がシステム環境設定の共有パネルへ移動。
  4. macOS 10.15 Catalinaにはライトとダークモードを自動的に変更してくれる機能と新しいダイナミックデスクトップ壁紙や6K解像度の壁紙が追加。
  5. macOS 10.15 Catalinaで画面収録やキーボード入力の監視を行うアプリが動かない場合はシステム設定の「プライバシー」設定でUser Consentの確認を。注意

Sidecar

 macOS 10.15 CatalinaとiPadOS13の新機能となる「Sidecar」はiPadをMacのセカンドディスプレイとして設定することができますが、そのハードウェア要件は高めで、MacはSkylakeプロセッサ以降、iPadはApple Pencil(A10 Fusion)を利用できるものと指定されています。

macOS 10.15 CatalinaのSidecar

  1. Apple、iPadをMacのセカンドディスプレイとして扱うことができるmacOS Catalinaの新機能「Sidecar」のハードウェア要件を公開。MacはSkylakeプロセッサ以降で、iPadはApple Pencilが必須に。
  2. iPadをMacのセカンドディスプレイと利用できるmacOS 10.15 Catalina/iPadOS 13の新機能「Sidecar」のレイテンシは最小で数十ミリ秒に。
  3. Serif、iPadOSやCatalinaのSidecar機能との互換性を向上させ、日本語テキストの不具合を修正した「Affinity Photo/Designer for macOS/iPad v1.7.3をリリース。
  4. Serif、iPadをApple Pencil対応のセカンドディスプレイにできるmacOS Catalinaの「Sidecar」と「Affinity Designer」のSneak Peekを公開。正式にリリース。

Game

 AppleはiOS 13/iPadOS 13, tvOS 13そしてmacOS 10.15 Catalinaのクロスプラットフォームに対応したサブスクリプション制ゲームサービス「Apple Arcade」を2019年秋に開始しましたが、それにあわせてmacOS 10.15 CatalinaではSony PlayStation 4の「DualShock 4」とMicrosoft Xbox Oneの「Xboxワイヤレスコントローラー」をネイティブサポートしています。

Apple Arcade

  1. Apple、MacAppStoreでもサブスクリプション制ゲーム配信サービス「Apple Arcade」の提供を開始、macOS CatalinaではPS4/Xboxのコントローラーをネイティブサポート。
  2. PS4 Remote PlayがiOS 13/macOS 10.15 Catalinaで「DUALSHOCK 4」コントローラに対応。
  3. iOS 13搭載のiPhoneではPS4のDualShock 4とXboxワイヤレスコントローラーのBluetooth接続がサポートされ、Apple Arcadeのゲームタイトルなどをプレイ可能。
  4. macOS 10.15 Catalinaの初期リリースではNVIDIA製のdGPUを搭載したMacBook ProやiMacでSceneKitがサポートされず、Catalyst系アプリの機能が一部制限されるもよう。
  5. iPhone 11シリーズは現在のところ古いDualShock 4コントローラーと互換性がない。 不具合
  6. Apple、macOS 10.15 CatalinaでApple Arcadeのゲームが保存されない不具合やFinal Cut Pro Xでレンダリングの問題があるとして今後のアップデートで修正すると発表。 不具合

iTunesとミュージック/Podcast/TVアプリ

 macOS 10.15 Catalinaでは2001年以来OS X/macOSのメディアプレイヤーを担ってきた「iTunes」がミュージック、Podcast、TVアプリの3アプリに分かれ、iOSデバイスの管理機能はFinderが担うことになりました。

macOS 10.15 CatalinaのミュージックとPodcast、TVアプリ

  1. Apple、macOS 10.15 Catalinaで廃止される「iTunes」とミュージックなどの新しい3アプリが扱うコンテンツ/ライブラリについて説明。
  2. macOS 10.15 CatalinaでiTunesから分かれるMusicアプリでもビジュアライザーやScriptは使用可能。
  3. macOS 10.15 CatalinaではiTunesが廃止されミュージックとPodcast、TVアプリに別れたのに伴い、ホームシェアリング機能がシステム環境設定の共有パネルへ移動。
  4. macOS 10.15 CatalinaではFinderのサイドバーに表示する項目で「CD、DVD、およびiOSデバイス」を有効にしておかないとiPhoneやiPadがFinderに表示されないので注意を。
  5. macOS 10.15 Catalinaアップグレード後、iTunesから分かれたミュージックアプリのXMLライブラリが利用できない問題があるとしてDJアプリのメーカーやAppleが対応中。 不具合

QuickTime Player

 AppleはmacOS 10.15 Catalinaで32-bitアプリを廃止するとともに、QuickTime 7とそのフレームワークを全て削除しましたが、QuickTime (X) Playerにはいくつかの新しい機能が追加されました。

macOS 10.15 CatalinaとQuickTime 7 Player

  1. macOS CatalinaのQuickTime PlayerではPinPが可能になり、ムービーインスペクタにビット深度やアスペクト比などが表示されるように。
  2. macOS 10.15 CatalinaのQuickTimeでは連番の画像からイメージシーケンスを書き出すことが可能に。
  3. Apple、次期macOS 10.15で写真アプリに保存されている特定の動画が再生できなくなるとして、macOS 10.14で変換するように指示。
  4. Apple、2014年に開発を終了した写真編集アプリ「Aperture」が次期macOS 10.15では動かなくなるとして、ユーザーに対しLightroom Classicなどへの移行を指示。
  5. macOS 10.15 CatalinaのインストーラーはCatalinaアップグレード後に動作しなくなる32-bitアプリを表示してくれる。

セキュリティ

 AppleはmacOS 10.15 CatalinaでAPFSコンテナをセキュリティに応用し、APFSコンテナでMacのシステムボリュームを「システムボリューム」と「データボリューム(DATA)」に分け、システムボリュームをオプトアウトなしでRead-Onlyにすると発表、それに伴いシステム整合性保護SIPの「rootless.conf」が一部アップデートされ、Mojave以下のmacOSからアップグレードした場合は古いデーモンの設定ファイルが移動されている可能性があります。

macOS 10.15 Catalinaのコンテナ構成

  1. macOS 10.15 CatalinaではシステムボリュームがRead-Onlyになり、アプリはユーザーデータのみにアクセス可能に。
  2. macOS 10.15 CatalinaでファイルシステムがRead-Onlyになる仕様はオプトアウトなしで、完全に無効にすることは不可能。
  3. macOS 10.15 Catalinaではrootユーザーでもアクセス権を得ることができないシステム整合性保護SIPの「rootless.conf」が一部変更。 注意
  4. macOS 10.15 Catalinaではセキュリティのアップデートに伴いシステムボリュームに置けなくなったディレクトリや構成ファイルが「場所が変更された項目」として共有フォルダへ移動しているので注意を。 注意

Project Catalyst

 AppleはWWDC 2019で、iPadアプリを比較的簡単にMacアプリ(Mac-ification)できる「Project Catalyst」を発表、昨年Mac版アプリの提供が終了されたTwitter for Macがなどが、Mac App Storeに帰ってくると報じましたが、そのCatalyst系アプリの公開が徐々に始まっています。

Twitter for Mac by Project Catalyst on MacAppStore

  1. Project Catalystを利用しiPadからMacへ移植されたTwitterの公式クライアント「Twitter for Mac」がMac App Storeでリリース。
  2. Apple、Project Catalystを利用しiPadからMacへ移植されたアプリを紹介するストーリーをmacOS 10.15 CatalinaのMac App Storeで公開。
  3. 3M、写真内のポスト・イットの自動認識やグループ化、iPhoneとのiCloud同期をサポートした「Post-it for Mac」をリリース。
Catalyst系のアプリはmacOS 10.15 Catalina以降でなければ動作しません。

Finder

 macOS CatalinaではmacOSデフォルトのファイラーである「Finder」アプリも少しだけ改善されており、DockにあるFinderアイコンから最近使ったフォルダへアクセスできるようになったほか、嬉しいことにコンテキストメニューの「このアプリケーションで開く」で開くを選択すると度々発生していた「Fetching(取得中)」が無くなりました。

macOS 10.14 Mojaveと10.15 Catalinaのフェッチ

  1. macOS 10.15 CatalinaのFinderでは最近使ったフォルダがDockアイコンのコンテキストメニューからも選択可能に。
  2. macOS 10.15 CatalinaではFinderのオープンメニューが再構築され、「Fetching(取得中)」プロセスがなくなる。
  3. macOS 10.15 CatalinaではSplit Viewのウィンドウサイズ変更時にかかっていたBlur処理が廃止。

不具合

 macOS 10.15 Catalinaでは様々な新機能が利用できるようになった一方、いくつかの不具合が報告されています。特にディスプレイを持たない(ヘッドレス)のMac miniではHDMIポートからの出力が出なくなるといった不具合も報告されているので、ユーザーの方はアップデートを先延ばしにしたほうがいいかもしれません

macOS 10.15 CatalinaとMac mini

  1. macOS 10.15 CatalinaへアップグレードしたMac miniで、HDMI信号が出力されない不具合が報告される。
  2. macOS 10.15 Catalinaアップグレード後、Dockが表示されない不具合が報告される。
  3. macOS 10.15 Catalinaへのアップグレード中、セットアップアシスタントが終了せず「Macを設定中…」の画面が表示され続ける不具合。
  4. Adobe、macOS 10.15 CatalinaへアップグレードしたMacで報告されているPhotoshopやLightroom/Classicの既知の不具合を公開。
  5. 新しいMetalエンジンを採取し、Mac Pro (2019)をサポートした「Final Cut Pro 10.4.7」でメニューが歪むだり予期しない色が表示され、他のアプリにも影響を与える可能性のある不具合。
  6. macOS 10.15 Catalinaアップグレード後、iTunesから分かれたミュージックアプリのXMLライブラリが利用できない問題があるとしてDJアプリのメーカーやAppleが対応中。

編集中編集中

 編集中編集中編集中編集中編集中編集中編集中編集中編集中。

  1. 編集中
  2. 編集中
  3. 編集中
  4. 編集中

コメント

  1. 匿名 より:

    Time Machineのオプションから公式にシステムファイルを除外できるようになってるけど
    どういう挙動起こすのか気になる。

    • 匿名 より:

      オリジナルのままで触らせないなので、Time Machineにないそこはインターネット越しもしくはインストーラから持ってきて復元だろね

  2. 匿名 より:

    Catalinaアップグレード後、BluetoothヘッドホンがaptXで再生されなくなったんですがもしかしてこっそり削除された…?

  3. 匿名 より:

    編集中がこわい