本日サポートが終了する「Twitter for Mac」アプリの代わりに、Web版TwitterをChromeアプリとして使う。

シェアする

スポンサーリンク

 本日2018年03月16日をもってTwitterは「Twitter for Mac」アプリのサポートを終了するそうです。詳細は以下から。


 以前から予告していた通り、Twitter, Inc.は本日(2018年03月16日)をもってMac用TwitterクライアントTwitter for Macのサポートを終了しますが、終了に伴いTwitterの全ての機能をMacで利用する最良の方法として推奨しているWeb版”Twitter.com”をChromeアプリとして開く方法がいくつか提案されています。

アプリのラインナップをシンプルにし、どのプラットフォームでも同じようにTwitterを利用できるようにする継続的な試みの一環として、Twitter for Macアプリのサポートを終了します。
2月16日(金)に@TwitterSupportで発表したように、Twitter for Macアプリのダウンロードは終了しました。サポートは3月16日で終了します。
MacからTwitterの全機能をご利用いただくには、ブラウザでTwitterにアクセスしてください。

Twitterのサポートメールより

スポンサーリンク

Chromeアプリ

openコマンド

 Macの”open”コマンドにはアプリを指定して開く祭、パラメーターをそのままアプリに渡してくれる”–args”オプションがありますが、この方法を利用すればWeb版TwitterやTweetDeckをアプリ風に利用できるので、

open -na 'Google Chrome' --args '--app=https://mobile.twitter.com'
open -na 'Google Chrome' --args '--app=https://tweetdeck.com'

後は、このコマンドをAppleScriptアプリとしてAutomator.appでラップしてやればアプリとして保存できます。

do shell script "open -na 'Google Chrome' --args '--app=https://mobile.twitter.com'"
FluidAppifierでも同様にアプリ化できますが、どちらの場合もMobile版のWebサイトをアプリ化すると便利です。

PWA

 また、Google Chromeは現在PWA(Progressive Web Apps)を実験的にサポートしているので、Google Chromeのオプションから”Desktop PWAs”を有効にして、TwitterのWebサイトを開き、Chromeの設定アイコンから「アプリケーションに追加」してやることでChromeアプリにTwitterアプリが追加されます。

chrome://flags/#enable-desktop-pwas

追記

 Twitterはサポート終了と同時にTwitter for Macからのアクセスを遮断した(認証出来ない状態)ようです。

RIT Twitter for Mac

追記2

 Twitterのエンジニアの方はChromeのPWAを利用することを勧めています(コメント欄でのご指摘ありがとうございます)。