Apple、MacAppStoreでもサブスクリプション制ゲーム配信サービス「Apple Arcade」の提供を開始、macOS CatalinaではPS4/Xboxのコントローラーをネイティブサポート。

スポンサーリンク

 AppleがMacAppStoreでもサブスクリプション制ゲームサービス「Apple Arcade」の提供を開始しています。詳細は以下から。

Apple-Arcade

 Appleは現地時間2019年10月07日、iTunesをミュージックやPodcast、TVアプリに分け、Sidecarや探すアプリをサポートしたmacOS 10.15 Catalinaを正式にリリースしましたが、同時にMac App Storeではサブスクリプション制ゲームサービスApple Arcadeが開始されています。

Apple Arcade

 Apple ArcadeのサービスはiOS 13やiPadOS 13, tvOS 13で既に開始されているものと同じで、同じApple IDでログインすればデータを引き継ぎ、iOS 13やtvOS 13と同じゲームをプレイでしますが、macOS 10.15 CatalinaではMFiコントローラーだけではなく、iOS/iPadOS/tvOS 13同様にSony PlayStation 4の「DualShock 4」およびMicrosoft Xbox Oneの「Xboxワイヤレスコントローラー」をネイティブサポートしています。

macOS 10.15 CatalinaでSony PlayStation 4の「DualShock 4」およびMicrosoft Xbox Oneの「Xboxワイヤレスコントローラー」をサポート

 DualShock 4およびXboxワイヤレスコントローラーのペアリングモードは以下の動画の通りで、macOS Catalinaの場合はシステム環境設定のBluetooth設定からコントローラーを追加することができるため、今後はApple ArcadeのゲームだけではなくFeral InteractiveなどのMFiやサードパーティ製コントローラーをサポートしているゲームをJoystick Mapperなどを利用しなくてもプレイできるようになります。

スポンサーリンク

おまけ

 また、AppleはWWDC 2019 Session 616の中でLegacy macOSもサポートできるとコメントしているので、サードパーティメーカーがサポートすればmacOS 10.14 Mojave以下でも利用できるようになると思われます。

WWDC 2019 Session 616