macOS 10.15 CatalinaでiTunesから分かれるMusicアプリでもビジュアライザーやScriptは使用可能。

スポンサーリンク

 macOS 10.15 CatalinaでiTunesから分かれるMusicアプリでもビジュアライザーやScriptは使用できるそうです。詳細は以下から。

Apple Music

 Appleは2019年秋にリリースするmacOS 10.15 CatalinaでiTunesを廃止し、MusicとPodcast、Apple TVアプリに分け、全てのコンテンツを移行すると発表しましたが、コンテンツ以外の機能についても、ほぼ移行されているようです。

Apple Music App

スポンサーリンク

iTunes → Music

ライブラリ

 AppleはmacOS 10.15 Catalinaへのアップグレード段階でiTunesライブラリを曲とPodcast、映画やTVコンテンツに分けますが、これらのコンテンツはiTunesと同じくユーザーが直接操作することが可能で、フォルダ整理をOFFにすることもできるそうです。

ビジュアライザー

 また、LyftのiOSエンジニアのSam Soffesさんによると、iTunesで曲に合わせて表示可能なビジュアライザーについても、これまで通り使用することができ、AppleはmacOS Catalina Betaのリリースノートにビジュアライザーが予期せぬ動作をする場合があると明記しているので、今後修正もされるようです。

The visualizer might not appear as expected

macOS 10.15 Beta Release Notes – Apple Developer Documentation

Apple Script

 iTunesではID3タグの一括変更やコピー/複製、空のメディアファイルの検出にApple Sciprtが利用できましたが、iTunes用アプリやAppleScriptを開発しているDoug Adamsさんによると、新しいMusicアプリにもスクリプト用フォルダが用意されApple Scriptメニューが表示されたそうなので、MusicアプリはほぼiTunesの機能をそのまま利用できると思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    Apple Scriptは助かるわー