macOS 10.15 Catalinaアップグレード後、iTunesから分かれたミュージックアプリのXMLライブラリが利用できない問題があるとしてDJアプリのメーカーやAppleが対応中。

スポンサーリンク

 macOS 10.15 Catalinaアップグレード後、iTunesから別れたミュージックアプリのライブラリが読み込めない問題があるとしてDJアプリの開発元やAppleが対応しています。詳細は以下から。

Apple Music

 Appleは現地時間2019年10月07日にリリースしたmacOS 10.15 CatalinaiTunesを廃止するとともにその機能をミュージックとPodcast、TVアプリの3つに分けましたが、これれに伴いサードパーティ製のDJアプリで、ミュージックアプリ(旧iTunes)のXMLライブラリが読み込めない/更新されないなどの不具合が確認されています。

macOS 10.15 CatalinaのミュージックとPodcast、TVアプリ

 この問題を報告しているのはSeratoやNative Instruments(Traktor)、Pioneer DJ(Rekordbox)、Ableton LiveなどのメーカーのDJ機器/アプリを利用しているユーザーで、各社はユーザーに対しmacOS Catalinaとの互換性が解決されるまでCatalinaへのアップグレードを行わないよう強く指示しています。

macOS 10.15 Catalina is not yet supported for use with Serato DJ Pro or Serato DJ Lite.
We strongly recommend you do NOT upgrade to macOS 10.15 Catalina at this time as there are significant issues using Serato DJ Pro and Serato DJ Lite with this new macOS update.

macOS 10.15 Catalina – not yet supported with Serato DJ Pro or Serato DJ Lite – Serato Support

スポンサーリンク

Appleも対応中

 また、この問題を把握したAppleも先程サポートチャンネル経由で、現時点では全てのサードパーティ製DJメーカーがミュージックアプリの仕様変更に対応しているわけではないとして、アプリの更新やサードパーティ製DJアプリの設定、ミュージックアプリからXMLライブラリを書き出してドラッグ&ドロップするといった方法を提示しており、

Changes to accessing your music library with DJ software and other third-party apps

The new Apple Music app in macOS Catalina focuses on a single way for third-party apps to access your music library. At this time, not every third-party app developer has adopted these changes.

Changes to accessing your music library with DJ software and other third-party apps – Apple Support

それでもだめならば、サードパーティ製DJアプリの開発元がアップデートを提供するまでmacOS 10.14 MojaveのMacかiTunes for Windowsを搭載したPCで対応するように指示しているので、iTunesライブラリを仕事で利用されている方はアップデートを控えたほうがいいと思われます。

Appleは過去にもiTunesのアップデートでXMLライブラリの不具合を引き起こし、その後すぐに修正版をリリースしたので、今回もmacOS 10.15.1アップデート前に追加アップデートが行われるかもしれません。

おまけ

 ミュージックアプリからライブラリのXMLファイルを書き出す方法は[ファイル]メニューから[ライブラリ] → [ライブラリを書き出し]で行えます。

macOS 10.15 CatalinaでミュージックのXMLライブラリの書き出し