Adobe、macOS 10.15 CatalinaへアップグレードしたMacで報告されているPhotoshopやLightroom/Classicの既知の不具合を公開。

スポンサーリンク

 AdobeがmacOS 10.15 CatalinaへアップグレードしたMacで報告されているPhotoshopやLightroom/Classicの既知の不具合を公開しています。詳細は以下から。

Adobe Photoshopのロゴ

 Adobeは現地時間2019年10月09日~10日にかけて、AppleがリリースしたmacOS 10.15 CatalinaでPhotoshopやLightroom、Lightroom Classicアプリでいくつかの不具合が報告されているとしてサポートページを公開しています。

Photoshop and macOS Catalina (10.15)

Photoshop 20.0.6 and later versions work with macOS 10.15 (Catalina) but have these known compatibility issues. You may want to remain on your current version of macOS until these issues have been resolved.
Adobe strongly recommends that customers do their own testing on a non-production partition to ensure that new operating systems work with their current hardware and drivers (printing, and so forth).

Photoshop and macOS Catalina (10.15) – Adobe

 AdobeとAppleはAdobe Creative Cloudアプリが32-bitアプリが廃止されたmacOS 10.15 Catalinaで動作するか共同でテストをしていたため、64-bitアプリが動かなくなるというような大きな問題は起こっていないものの、一部のオプションやプラグインが動かなくなっているとして、Adobeは非業務用のパーティション(APFSボリューム)を作成し、ハードウェアと印刷用ドライバなどのテストを行うように勧めています。

スポンサーリンク

Photoshop

レガシーなPhotoshop

 まず、32-bitのレガシー/永年版のPhotoshopはmacOS 10.15 Catalinaで動作しません。これはCS版はもちろんですが、PS v19より以前のCCは32-bitライセンスコンポーネントとインストーラーが使用されているため、macOS 10.15アップグレード後にインストール&アクティベートすることができないため、

AdobeはそれらのバージョンのPSを利用されているユーザーに対しCatalinaへのアップグレードを勧めておらず、動作しないことを前提にアップグレードを行う場合はCreative Cloud Cleaner Toolで古いアプリをアンインストールするように指示しています。

Adobe Cleaner Tool

Before upgrading to macOS Catalina, you may uninstall the older versions as the uninstaller will not work after upgrading. If you have already upgraded to macOS Catalina, you can use the Creative Cloud Cleaner Tool to uninstall older versions.

Photoshop and macOS Catalina (10.15) – Adobe

保存ダイアログの既知の不具合

macOS 10.15 Catalinaでの保存ダイアログ

  • ファイル形式を変更しても、保存ダイアログの名前欄に反映されない。→ 解決策はマニュアルでファイル形式を変更する。
  • 「コピーとして保存する」でファイル名に「コピー」が付かない。 → 解決策はマニュアルで「コピー」を付ける。
この問題はAppleと協力して修正中とのことなので、macOSアップデートが必要かもしれません。

プラグインの既知の不具合

非公証のPhotoshopプラグイン

  • プラグインが見つからない/検証されない問題は、macOS CatalinaではGatekeeperによりブロック対象となった公証されていないプラグインで発生する。 → 解決策は公証済みのプラグインを利用する。

ビデオをレンダリング New

ビデオをレンダリング

  • ファイル → 書き出し → ビデオをレンダリング…を選択してもプロセスが完了しない。 → システム環境設定アプリの[セキュリティとプライバシー] → [プライバシー]タブ → [フルディスクアクセス]へ移動して、左下の鍵を外し、+アイコンでPhotoshopを追加してHDDへのアクセスを許可する。

Apple Color Picker New

Appleのカラーピッカー

 環境設定 → 一般でカラーピッカーを[Apple]に設定し、2度目にカラーピッカーを開くとPhotoshopがクラッシュする。 → Adobeのカラーピッカーを利用する。

Appleと対応中。

その他の既知の不具合

 古いPhotoshopに同梱されいてるDroplets(ドロップレット)やExtendScript Toolkit、Lens Profile Creatorは32-bitのため動作しない。

  1. ドロップレットはPhotoshop v20.0.6以降にアップデートして開くことで64-bitへ変換可能。
  2. ExtendScript ToolkitはExtendScript Debugger 1.1.0になりました。
  3. Lens Profile Creatorの64-bitアップデート計画はありません。
  4. Camera Rawで補正ブラシの消しゴムツール、グラデーション補正のブラシが利用できない。 → Adobeのエンジニアリングチームが対応中。New

Lightroom

 Adobe Lightroomはv2.4.1以降でmacOS 10.15 Catalinaアップグレード後も動作するが、古いLightroomはPSと同様に32-bitライセンスコンポーネントとインストーラーが使用されているため、Catalinaアップグレードにインストールできず、Adobeはこれらをテストしていないそうで、加えて以下の不具合が報告されているそうです。

Lightroom and macOS Catalina 10.15

Lightroom 2.4.1 and later versions work with macOS 10.15 (Catalina) but have these known compatibility issues. You may want to remain on your current version of macOS until these issues have been resolved.

Lightroom and macOS Catalina (10.15) – Adobe

接続の不具合

v2.2以前のLightroom起動時に、画面上部に[Volume]から切断されましたというエラーが表示され同期されない。 → Lightroom 2.4へアップデートする。

写真アプリからの移行の問題

 Appleの写真アプリからLightroomへ写真ライブラリを移行する際に「移行に失敗しました」というダイアログが出る。 → Appleと対応中で、AppleはCatalinaへアップグレードしたMacで利用できなくなるApertureライブラリを写真アプリへ移行できるようにするアップデートも計画中。

Aperture - Apple サポート

Lens Profile Creatorの不具合

 Lens Profile Creatorは323-bitアプリで64-bitアップデート計画はありません。

Lightroom Classic

 Adobe Lightroom Classicはv8.4.1以降でmacOS 10.15 Catalinaアップグレード後も動作するが、以下の不具合が報告されているそうです。

Nikonのテザーカメラが接続されない

 テザーキャプチャの開始コマンドを実行してもNikonのカメラが接続されない。 → カメラの電源を入れ、Lightroomで[ファイル] → [テザーキャプチャ] → [テザーキャプチャを開始]を選択する。現在Nikonと対応中。

追記

 上記の不具合のうち、いくつかはPhotoshop October 2019 (version 20.0.7)およびPhotoshop November 2019 (version 21.0)アップデートで修正されています。

Fixed issues in Photoshop on macOS 10 15 Catalina

コメント

  1. 匿名 より:

    不具合だらけ。CS6使えないならしばらく控えます。

  2.   より:

    毎年毎年めんどくさい。
    もう大して変更することも無いんだから年イチアップデートやめれ

  3. 匿名 より:

    ベータ版とか公開されるのに、
    なんでこうも毎回バグが発生するわけ?

  4. 匿名 より:

    趣味で作ってるフリーソフトのデベロッパーですらAdobeより遥かに検証が早いしとっくに終わってる
    それ未満の開発力しかないのを毎回無様晒してるAdobeって