macOS 10.15 Catalinaではシステム環境設定アプリのレイアウトが変更され、iOSの設定アプリと同じくユーザー情報がトップに。

macOS 10.15 Catalinaのシステム環境設定アプリ macOS 10.15 Catalina
クリックで拡大
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 macOS 10.15 Catalinaではシステム環境設定アプリのレイアウトが変更され、iOSの設定アプリと同じくユーザー情報がトップに置かれています。詳細は以下から。


 Appleは2014年にリリースしたOS X 10.10 Yosemiteでシステム全体のアピアランスを刷新するとともに、OS X/macOSの設定を行うシステム環境設定」アプリも刷新し、新しいアイコンや機能が追加、翌年にリリースされたOS X 10.11 El Capitanでもアイコンやグリフの調整が行われてきましたが、

OS X 10.10 Yosemiteのシステム環境設定

クリックで拡大

macOS 10.15 Catalinaのシステム環境設定アプリはレイアウトが大きく変更され、これまでシステム、ハードウェア、サービス、アカウントの4カテゴリに分けられていたレイアウトがシステム&アカウントとハードウェア&サービスの2カテゴリに分類され、一番上にユーザーアカウントが表示されるようになっています。

macOS 10.15 Catalinaのシステム環境設定アプリ

クリックで拡大

iOSと同じレイアウトに

 このレイアウトはiOS 10からの設定アプリと同じで、一番上にユーザーアカウントではiOSのユーザーアカウントと同様にApple IDやiCloud、メディア、App Storeの設定が可能で、ファミリー共有で管理しているユーザー情報もここに移動されました。

macOS 10.15 CatalinaとiOS 13の設定

ユーザーアカウント(AppleID)に移動した機能

  macOS 10.15 Catalinaのシステム環境設定アプリからはiCloudおよびペアレンタルコントロールが無くなり、新機能として追加されたスクリーンタイムのパネルが追加されていますが、無くなったiCloudはユーザーアカウントのApple IDに、ペアレンタルコントロールはファミリー共有とスクリーンタイムに機能が分割/統合されています。

macOS 10.15 Catalinaのシステム環境設定

コメント

タイトルとURLをコピーしました