Apple、開発者向けに「macOS Catalina 10.15.1 beta 2 Build 19B77a」を公開。AMD Navi RDNAアーキテクチャーeGPUのサポートを再び記載。

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けに「macOS Catalina 10.15.1 beta 2 Build 19B77a」を公開しています。詳細は以下から。

macOS 10.15 Catalina

 Appleは現地時間2019年10月17日、10月07日に正式リリースしたmacOS 10.15 Catalina向けの1stのアップデート「macOS 10.15.1 Catalina」のBeta 2を開発者向けに公開しています。

macOS Catalina 10.15.1 beta 2 (19B77a)

  • macOS Catalina 10.15.1 beta 2 (19B77a)

October 17, 2019

Releases – Apple Developer

 macOS Catalina 10.15.1 Beta 2のリリースノートにはBeta 1のリリースノートから消されてしまった、AMD Navi RDNA (Radeon DNA)アーキテクチャーのeGPUのサポート項目が再び記載されており、新たにWeb版Apple Payを利用するとSafariが反応しなくなるため、Safari Technology Previewを利用するようにという既知の不具合/注意書きが追加されています。

macOS Catalina 10.15.1 Beta 2 Release Notes

eGPU
New Features

  • Support has been added for the AMD Navi RDNA architecture. For more information see Use an external graphics processor with your Mac.

Apple Developer Documentation – Apple Developer

スポンサーリンク

Beta版のリリーススケジュール