Apple、開発者向けに「macOS Catalina 10.15.6 beta 2 Build 19G46c」などを公開。

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けに「macOS Catalina 10.15.6 beta 2 Build 19G46c」などを公開しています。詳細は以下から。

macOS 10.15 Catalina

 Appleは現地時間2020年06月09日、Mac向けにmacOS 10.15.6 Catalinaの2nd Betaとなる「macOS Catalina 10.15.6 beta 2 Build 19G46c」、iPhone&iPad向けに「iOS/iPadOS 13.6 Beta 2 Build 17G5045c」、Apple TV向けに「tvOS 13.4.8 Beta 2 Build 17M5545a」を開発者に対し公開しています。

2020年06月09日のアップデート

  • Xcode 11.6 beta (11N700h)
  • macOS Catalina 10.15.6 beta 2 (19G46c)
  • iPadOS 13.6 beta 2 (17G5045c)
  • iPadOS 13.6 beta 2 (17G5045c)
  • tvOS 13.4.8 beta 2 (17M5545a)

June 9, 2020

Releases – Apple Developer

 Appleは現地時間2020年06月22日よりWWDC20を行うと発表しているため、macOS 10.15 Catalinaのリリースノートには新機能の記載はなく、iOS 13.6にもHealthKitに頭痛や寒気、喉の痛みのデータタイプが追加されているだけなので、次回のアップデートはセキュリティと不具合修正が主な内容になると思われます。

New data types are available in HealthKit to track symptoms including headaches, chills, sore throat, and more.

New Features

  • New data types are available in HealthKit to track symptoms including headaches, chills, sore throat, and more. (63148620)

iOS/iPadOSのリリースノートより

スポンサーリンク

macOS Catalinaのリリーススケジュール