Apple、複数の脆弱性を修正しMessage in iCloudをサポートした「macOS High Sierra 10.13.5 (17F77)」を正式にリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが複数の脆弱性を修正しMessage in iCloudをサポートした「macOS High Sierra 10.13.5 (17F77)」を正式にリリースしています。詳細は以下から。

macOS 10.13 High Sierraのインストーラーアイコン。

 Appleは現地時間2018年06月01日、昨年09月25日にリリースした「macOS 10.13 High Sierra」の5回目のアップデートとなる「macOS High Sierra 10.13.5アップデート Build 17F77」を正式にリリースしたと発表しています。

macOS High Sierra 10.13.5 アップデート

macOS High Sierra 10.13.5アップデートは、お使いのMacの安定性、パフォーマンス、およびセキュリティを改善し、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートでは、”iCloudにメッセージを保存”に対応しました。メッセージと添付ファイルをiCloudに保存してMacの空き領域を増やすことができるようになります。”iCloudにメッセージを保管”を有効にするには、”メッセージ”の環境設定に移動し、”アカウント”をクリックしてから、”‘iCloudにメッセージを保管’を有効にする”を選択します。

リリースノートより

スポンサーリンク

macOS 10.13.5の新機能

 macOS High Sierra 10.13.5では先にリリースされたiOS 11.4と同様にメッセージやその添付ファイル、写真をiCloudに保存し各デバイスで同期できるiCloudにメッセージを保管(Messages in iCloud)がサポートされ、メッセージアプリの[設定]メニュー → [アカウント]に「✅iCloudにメッセージを保管」オプションが追加されています。

Message in iCloud

 Appleによると、iCloudにメッセージを保存することでメッセージとその添付ファイル分のサイズをMacの空き容量として増やすことが可能で(iPhoneやiPadでも同様)、Messages in iCloudはiCloud Keychainなどと同様にEnd-to-End暗号化が用いられているそうです。

iCloud security overview - Apple Support

 また、macOS 10.13.5ではCVEベースで32の脆弱性が修正され、中にはカーネル特権で任意のコードを実行できる脆弱性などが含まれているので、ユーザーの方は時間を見つけてアップデートすることをお勧めします。

アップデート履歴

 macOS 10.13 High SierraのBeta版を含めたこれまでのアップデート履歴は以下の通りで、Appleは現地時間(PDT)06月04日午前10時、日本時間(JST)06月05日午前02時からWWDC 2018を開催し、そこで次期macOS 10.14が発表されると予想されており、例年通りに進めば今年09月にはmacOS 10.14がリリースされると思われるので、次回のmacOS 10.13.6アップデートがHigh Sierra最後のアップデートになると思われます。

macOS 10.13 High Sierraのリリーススケジュール