Apple、開発者向けにいくつかの不具合を修正した「macOS High Sierra 10.13.4 beta 7 Build 17E197a」を公開。

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けにいくつかの不具合を修正した「macOS High Sierra 10.13.4 beta 7 Build 17E197a」を公開しています。詳細は以下から。

macOS 10.13 High Sierraのインストーラーアイコン。

 Appleは現地時間2018年03月26日、いくつかの既知の不具合を修正した「macOS 10.13.4」の7th Betaとなる「macOS 10.13.4 beta 7 Build 17E197a」を開発者向けに公開しています。

macOS High Sierra 10.13.4 beta 7 (17E197a)
March 26, 2018

Releases – Apple Developer

 macOS 10.13.4がリリースが近いためか、既に前Betaからリリースノートが以下の通り公開されており、SafariもWebKitチームがアナウンスした通りService WorkersやPayment Request APIをサポートしたSafari v11.1が同梱されるそうです。

macOS 10.13.4 Betaのリリースノート

  • “メッセージ”で”ビジネスチャット”のサポートを追加(米国およびカナダ)
  • 外部グラフィックスプロセッサ(eGPU)のサポートを追加
  • iMac Proで特定のアプリケーションに影響するグラフィックス破損の問題を修正
  • “Safari”でCommand+9キーを使用して右側の開いているタブへジャンプすることが可能
  • 右クリックして”表示順序…”を選択することで、Safariブックマークを名前またはURLで並べ替えすることが可能
  • “メッセージ”にWebリンクプレビューが表示されないことがある問題を修正
  • “Safari”のWebフォームフィールドでユーザ名とパスワードを選択した後のみ、それらの自動入力を許可することでプライバシー保護を促進
  • 暗号化されていないWebページでパスワードまたはクレジットカードフォームとやり取りする時に、”Safari”のスマート検索フィールド”に警告を表示
  • 特定の機能で個人データがどの様に使用されているかを説明する追加情報を表示

スポンサーリンク

過去のリリース

 また、macOS 10.13.4 betaでは引き続き次期macOSでサポート終了が予定されている32-bitアプリをチェックするため、32-bitと64-bitモードの切り替えが可能となっているので、Betaユーザーの方はチェックしてみて下さい。

High Siera will be the last macOS release to support 32-bit apps without compromises