Apple、eGPUのサポートやSafari v11.1を同梱した「macOS High Sierra 10.13.4」を正式にリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けにいくつかの不具合を修正した「macOS High Sierra 10.13.4 beta 7 Build 17E197a」を公開しています。詳細は以下から。

macOS 10.13 High Sierraのインストーラーアイコン。

 Appleは現地時間2018年03月29日、昨年09月25日にリリースしたmacOS 10.13 High Sierraの4回目のアップデートとなる「macOS High Sierra 10.13.4アップデート」を正式にリリースしたと発表しています。

macOS 10.13.4 Betaのリリースノート

macOS High Sierra 10.13.4アップデートでは、お使いのMacの安定性、互換性、およびセキュリティが改善され、すべてのユーザに推奨されます。
このアップデートの内容:

  • “メッセージ”で”ビジネスチャット”のサポートを追加(米国およびカナダ)
  • 外部グラフィックスプロセッサ(eGPU)のサポートを追加
  • iMac Proで特定のアプリケーションに影響するグラフィックス破損の問題を修正
  • “Safari”でCommand+9キーを使用して右側の開いているタブへジャンプすることが可能
  • 右クリックして”表示順序…”を選択することで、Safariブックマークを名前またはURLで並べ替えすることが可能
  • “メッセージ”にWebリンクプレビューが表示されないことがある問題を修正
  • “Safari”のWebフォームフィールドでユーザ名とパスワードを選択した後のみ、それらの自動入力を許可することでプライバシー保護を促進
  • 暗号化されていないWebページでパスワードまたはクレジットカードフォームとやり取りする時に、”Safari”のスマート検索フィールド”に警告を表示
  • 特定の機能で個人データがどの様に使用されているかを説明する追加情報を表示

リリースノートより

スポンサーリンク

過去のリリース

 Beta版を含めたこれまでのアップデート履歴は以下の通りで、macOS 10.13.4ではリリースノートに記載されている以外にも今後のmacOSで非サポートとなる32-bitアプリをチェックできる32-bitモードやiBookアプリがブック(Book)へ名前が変更され、iMac Proに同梱されていたインク・クラウド

High Siera will be the last macOS release to support 32-bit apps without compromises

コメント

  1. 匿名 より:

    年度末の微妙なタイミングで来るとは・・・
    今週の火曜日に来なかったからもう来月かなと思ってた。

  2. 匿名 より:

    多少直っても、ゴミはゴミ。
    根本的におかしい。