Apple、開発者向けに「macOS High Sierra 10.13.4 beta Build 17E139j」などを公開。

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けに「macOS High Sierra 10.13.4 beta Build 17E139j」などを公開しています。詳細は以下から。

SDKのアイコン。

 Appleは現地時間2018年01月24日、昨年09月25日にリリースした「macOS 10.13」の4度目のマイナーアップデートとなる「macOS 10.13.4」の1st Beta 「macOS 10.13.4 beta (17E139j)」を開発者向けに公開しています。

macOS 10.13.4 beta (17E139j)

New Downloads
January 24, 2018
A new beta of Xcode 9.3 is now available, and includes Swift 4 and SDKs used to build apps with the latest innovations and powerful capabilities in macOS, iOS, watchOS, and tvOS.

  • Xcode 9.3 beta (9Q98q)
  • macOS 10.13.4 beta (17E139j)
  • iOS 11.3 beta (15E5167f)
  • tvOS 11.3 beta (15L5164e)

Releases – Apple Developer

 Appleのリリースノートによると、macOS 10.13.4 beta (17E139j)ではWWDC 2017で発表された通り、32-bitアプリのサポート終了の準備プロセスが開始されるそうで、32-bit/64-bitモードを切り替える方法や32-bitアプリを起動する際に警告を出す機能などが追加されたと発表されています。

High Siera will be the last macOS release to support 32-bit apps without compromises

 macOS 10.13 High Sierra Betaから10.13.4 betaまでのリリース情報は以下の通りで、macOS 10.13.4 betaでは他にもMac App Store, iBooks, Recoverry機能に既知の不具合があると明記されており、Appleは同時にXcode 9.3 beta (9Q98q)、iOS 11.3 beta (15E5167f)、tvOS 11.3 beta (15L5164e)をリリースしています。