Apple、開発者向けにいくつかの不具合を修正した「macOS High Sierra 10.13.4 beta 6 Build 17E190a」を公開。

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けにいくつかの不具合を修正した「macOS High Sierra 10.13.4 beta 5 Build 17E182a」などを公開しています。詳細は以下から。

macOS 10.13 High Sierraのインストーラーアイコン。

 Appleは現地時間2018年03月19日、いくつかの既知の不具合を修正した「macOS 10.13.4」の6th Betaとなる「macOS 10.13.4 beta 6 Build 17E190a」を開発者向けに公開しています。

macOS High Sierra 10.13.4 beta 6 (17E190a)
March 19, 2018

Releases – Apple Developer

 リリースノートによると、今回のBeta版ではmacOS 10.13.4 beta 3 build 17E160eで報告されていた複数の不具合が修正されている他、macOS 10.13.4ではeGPUサポート、メッセージアプリでのビジネスチャットのサポート(米国とカナダのみ)、Safarの不具合などが行われるそうです。

  • メッセージアプリでビジネスチャットをサポート
  • 外部グラフィックスプロセッサ(eGPU)をサポート
  • iMac ProでのGPU問題を修正
  • Safariをアップデートし新しいショートカットキーや機能を追加

スポンサーリンク

過去のリリース

 また、macOS 10.13.4 beta 6では引き続き次期macOSでサポート終了が予定されている32-bitアプリをチェックするため、32-bitと64-bitモードの切り替えが可能となっているので、Betaユーザーの方はチェックしてみて下さい。

High Siera will be the last macOS release to support 32-bit apps without compromises