Apple、iOS 11.4およびmacOS 10.13.5に「iCloudにメッセージを保管」するオプションを追加。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが本日リリースしたiOS 11.4に「iCloudにメッセージを保管」するオプションを追加しています。詳細は以下から。


 Appleは昨年のWWDC 2017で発表しつつも不具合のため実装を見送っていたメッセージやそれに添付された写真やその他のファイルをiCloudに保管できる「iCloudにメッセージを保管(Messages in iCloud)」を、本日(現地時間2018年05月29日)にリリースしたiOS 11.4でサポートし、

Keep all your messages in iCloud
iCloud now keeps your entire message history updated and available on all your devices. Even when you set up a brand-new device.

Keep all your messages in iCloud – Apple Support

この機能を有効にできるオプションをiOS 11.4のiCloud設定および、次期macOS High Sierraのアップデート(*1)に追加したと発表しています。

Messages in iCloudの有効/無効

*1 まだ公開されていませんが、macOS 10.13.5で追加されるそうです。

 各OSでのMessages in iCloud設定は以下の通りで、この機能をOFFにする際は全てのデバイスでこの機能をOFFにするか、操作中のデバイスのみでOFFにするかを選択できるほか、メッセージのダウンロード状況も表示されるようになっており、Messages in iCloud機能は2ファクタ認証を有効にしたApple IDでのみ有効になります。

iOS

  1. iOS 11.4以降で設定アプリを開く。
  2. ユーザーの名前(Apple ID)をタップ。
  3. iCloudをタップ。
  4. リスト内にある[Messages]をOnにする。

macOS

Messages in iCloud

  1. メッセージアプリを起動。
  2. [メッセージ]メニューの設定をクリック。
  3. 「アカウント」をクリック。
  4. iCloudにメッセージを保管オプションをOnにする。

コメント

  1. 匿名 より:

    macOS側の+81の問題は、直ってるのかな?

  2. 匿名 より:

    MacOSの設定やっつけ仕事すぎるだろ
    iCloud設定から探したわ