Apple、開発者向けに複数の不具合を修正した「macOS High Sierra 10.13.4 beta 2 Build 17E150g」を公開。

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けに複数の不具合を修正した「macOS High Sierra 10.13.4 beta 2 Build 17E150g」を公開しています。詳細は以下から。

SDKのアイコン。

 Appleは現地時間2018年02月08日、06日に公開したmacOS 10.13.4 beta 2 (17E150f)で発生していた複数の不具合を修正した「macOS High Sierra 10.13.4 beta 2 (17E150g)」を開発者向けに公開しています。

macOS High Sierra 10.13.4 beta 2 (17E150g)

New Downloads
macOS High Sierra 10.13.4 beta 2 (17E150g)
February 8, 2018

Releases – Apple Developer

 Appleのリリースノートによると、macOS 10.13.4 beta 2 Build 17E150gでは前Build 17E150fで発生していた画像データが破損される不具合や、プレビューアプリアプリで赤や青の画像が表示される不具合、QuickTimeプレイヤーが操作できない不具合、メニューバーアイコンが表示されない不具合、Microsoft Officeのアイテムがハイライトされない不具合などのHotfixが行われているそうなので、既にBuild 17E150fへアップデートした方は、17E150gアップデートを適用することをお勧めします。