Apple、AirPlay 2対応のスマートテレビや新元号「令和」のサポート、MacBook Pro (2018)でのオーディオ遅延を改善した「macOS Mojave 10.14.5」を正式にリリース。

スポンサーリンク

 AppleがAirPlay 2対応のスマートテレビや新元号「令和」をサポートし、MacBook Pro (2018)でのオーディオ遅延を改善した「macOS Mojave 10.14.4」を正式にリリースしています。詳細は以下から。

macOS Mojaveのアイコン

 Appleは現地時間2019年05月13日、macOS Mojave対応のMac向けに「macOS Mojave 10.14.5 (18F132)」およびAppleのTプロセッサ用OS「BridgeOS 16.16.5125.0.0」のアップデートを各Macに対して提供を開始しています。

macOS Mojave 10.14.5 (18F132)のリリースノートより

スポンサーリンク

macOS Mojave 10.14.5の新機能や改善点

 macOS Mojave 10.14.5ではiOS 12.3と同じく、LGやSamsung、SONY、VIZIOといったサードパーティメーカーが新たに発売/アップデートしたスマートTVでAirPlay 2の機能を利用し、ビデオや写真、ミュージックをMacからダイレクトに転送できるようになっている他、

VIZIO SmartCast v3.0

日本の和暦表示においては2019年05月01日から施行された新元号「令和」がサポートされ、カレンダーやメールに記載されている日付が「令和元年●月」やその略式「R1/5/14」といった表示が可能になっており、加えてApple SymbolsフォントにUnicode 12.1.0で>追加された令和の合字(U+32FF)が登録されています。

macOS Mojave 10.14.5 (18F132)でサポートされた令和

場所 /System/Library/Fonts/Apple Symbols.ttf
一意名 Apple Symbols; 13.0d1e13; 2019-04-04

 また、このアップデートではmacOS 10.14.4で報告されていたOmniOutlinerなど一部のアプリでCoreAnimationレイヤーが表示されない不具合や、Apple T2チップを搭載したMacBook Pro (2018)でのオーディオ遅延(グリッチも?)が改善されているそうなので、Macユーザーの方はアップデートしてチェックしてみてください。

macOS 10.14.4 MojaveのCoreAnimationバグ

リリースノート

macOS Mojave 10.14.5アップデートでは、お使いのMacの安定性と信頼性が改善されます。このアップデートは、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートの内容:

  • ビデオ、写真、ミュージックなどをMacからAirPlay 2対応のスマートテレビにダイレクトに共有するAirPlay 2の機能を追加
  • 和暦の元号“令和”に対応
  • 2018年に投入されたMacBook Proでのオーディオ遅延を改善
  • 特定の非常に大きなOmniOutlinerおよびOmniPlanの書類が適切にレンダリングされない問題を修正

スケジュール

 macOS 10.14 Mojaveのリリース日は以下の通り。

コメント

  1. 匿名 より:

    Macmini(2012)(Macmini6,2)ですが、
    10.14.5へのアップデートでファームウェアROMが更新された模様です。
    確か10.13.1の段階からROMバージョンがMM71.0226.B00でしたが
    10.14.5でROMバージョンが278.0.0.0.0になっています。

  2. 匿名 より:

    日本語入力「絵文字と記号」ウインドウの「文字様記号」に令和が含まれてないな