Apple、Wi-Fi通話時のRTT対応やiTunesで他社製のAirPlayスピーカーが利用できない不具合を修正した「macOS Mojave 10.14.2 Build 18C54」を正式にリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがWi-Fi通話時のRTT対応やiTunesで他社製のAirPlayスピーカーが利用できない不具合を修正した「macOS Mojave 10.14.2 Build 18C54」を正式にリリースしています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年12月05日、macOS Mojave向けに「macOS 10.14.2 Build 18C54」およびAppleのTプロセッサ用OS「BridgeOS 16.16.2542.0.0」のアップデートを各Macに対して提供しています。

macOS 10.14.2 Mojave

macOS Mojave 10.14.2アップデートでは、お使いのMacの安定性、互換性、およびセキュリティが改善されます。このアップデートは、すべてのユーザに推奨されます。
このアップデート内容:

  • Wi-Fi通話時のRTT(リアルタムテキスト)に対応
  • iTunesで、メディアを他社製のAirPlayスピーカーから再生できないことがある問題を修正

リリースノートより

スポンサーリンク

リリース・スケジュール

 macOS 10.14 Mojaveのリリース日は以下の通りで、macOS 10.14.2 Build 18C54ではWi-Fi通話時のRTT(リアルタムテキスト)に対応したほか、他社製のAirPlay対応スピーカーからiTunesで再生している曲が流れないことがある問題が修正されているそうです。

RTT