Apple、開発者向けに「macOS Mojave 10.14 beta 6 Build 18A353d」などを公開。

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けに「macOS Mojave 10.14 beta 6 Build 18A353d」などを公開しています。詳細は以下から。

macOS Mojaveのアイコン

 Appleは現地時間2018年08月06日、今年秋にリリースを予定しているMac用OS「macOS 10.14 Mojave」の6th Betaとなる「macOS 10.14 Mojave beta 6 Build 18A353d」を開発者向けに公開したと発表しています。

macOS Mojave 10.14 beta 6 (18A353d)
August 6, 2018

Releases – Apple Developer

 リリースノートによるとmacOS Mojave beta 6ではiMac Proを再起動しようとすると終了してしまう不具合や、DVDプレイヤーアプリが予期せぬ終了をする不具合、リカバリーモードのDisk UtilityがAPFS Fusionコンテナを消せない不具合などまだ多数の既知の不具合が記載されているため、Mojaveをテストする際はAppleが公開したHigh SierraとMojaveのデュアルブート方法などでテスト用のMacをセットアップする事をお勧めします。

 また、Appleは同時にiOS 12 beta 6 (16A5345f)、watchOS 5 beta 6 (16R5340g)、tvOS 12 beta 6 (16J5340e)を開発者向けに公開しています。

スポンサーリンク

リリーススケジュール

 macOS 10.14 Mojave betaのこれまでのリリース日は以下の通りで、ほぼ隔週のアップデートとなっており、AppleはmacOS 10.14 Mojaveを2018年秋にリリースすると発表しているので、例年通りならば2018年09~10月にMojaveがリリースされると思われます。

アップデート

 Mojaveではソフトウェア・アップデートがMac App Storeではなく、Mac OS 10.7 Lion以来となるシステム環境設定アプリのソフトウェア・アップデートを通して行われることが発表されています。

macOS 10.14 Mojaveのシステムアップデート

今回のベータ版アップデートは”システム環境設定”のソフトウェア・アップデートを通じて配信されます。

リリースノートより