macOS 10.14 MojaveではQuick Look機能がアップデートされ、プレビューアプリを開かなくてもマークアップ機能でファイルを編集可能に。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 MojaveではQuick Look機能がアップデートされ、マークアップ機能をプレビューアプリを開かなくても利用可能になるそうです。詳細は以下から。

macOS QuickLook Ui icon

 Appleは現地時間2018年06月04日、米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターで開催しているWWDC 2018の基調講演の中で、2018年秋にリリースするmacOS 10.14 Mojaveでファイルのプレビュー機能Quick Lookをアップデートすると発表しました。

macOS Mojave New QuickLook

 macOS MojaveのQuick Lookでは、これまでプレビューアプリでファイルを開き行っていた注釈や署名、トリミング、回転などのマークアップ機能が、Quick Look状態のファイルでも可能になっており、動画ファイルではQuickTimeのトリム機能がQuick Lookに追加されるそうです。

 AppleはOS X 10.11 El Capitanから米3D Systemsが開発した3Dデータ形式”STL(STereoLithography)“や”Wavefront OBJ“のファイルを、macOS 10.12 SierraではUSDファイルの表示をシステムレベルでサポートしているので、これらのファイルもQuick Lookで確認できます。

コメント

  1. 匿名 より:

    またファイル破壊系のバグの温床になりそう