Apple、開発者向けに「iOS 12 GM seed」や「macOS Mojave 10.14 beta 11 Build 18A389」などを公開。

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けに「iOS 12 GM seed」や「macOS Mojave 10.14 beta 11 Build 18A389」などを公開しています。詳細は以下から。

macOS Mojaveのアイコン

 Appleは現地時間2018年09月12日、日本時間09月25日にリリースするMac用OS「macOS 10.14 Mojave」の11th Betaとなる「macOS Mojave 10.14 beta 11 Build 18A389」や09月17日にリリースする「iOS 12」や「watchOS 5」の、「tvOS 12」のGM Seedを開発者向けに公開したと発表しています。

  • Xcode 10 GM seed (10A254a)
  • macOS Mojave 10.14 beta 11 (18A389)
  • iOS 12 GM seed (16A366)
  • watchOS 5 GM seed (16R364)
  • tvOS 12 GM seed (16J364)

September 12, 2018

Releases – Apple Developer

 macOS 10.14 MojaveではSSDに続き、Fusion DriveやHDDもAppleの新しいファイルフォーマット「APFS」へ変更されるため、Mojaveをテストする際はAppleが公開したmacOS Mojaveに備えるその動画High SierraとMojaveを別々のAPFSボリュームにインストールするをチェックして、テスト用のMacをセットアップすることをお勧めします。

Get Ready for macOS 10.14 Mojave

スポンサーリンク

リリーススケジュール

 macOS 10.14 Mojave betaのこれまでのリリース日は以下の通りで、macOS 10.13 High Sierraが昨年09月25日にリリースされたことを考えると、ほぼ1年サイクルでのアップグレードとなりそうです。

今回のMojave BetaにはBuild NumberにBeta版の印である”Suffix”が付いていないようです。

アップデート

 Mojaveではソフトウェア・アップデートがMac App Storeではなく、Mac OS 10.7 Lion以来となるシステム環境設定アプリのソフトウェア・アップデートを通して行われることが発表されています。

macOS 10.14 Mojaveのシステムアップデート

今回のベータ版アップデートは”システム環境設定”のソフトウェア・アップデートを通じて配信されます。

リリースノートより

コメント

  1. 匿名 より:

    アップデートしたら、バージョンが10.14で、beta 11表示が消えました!プレリリースかな?