Apple、iOS 12およびmacOS 10.14 MojaveでRAWフォーマットをサポートするカメラリストに「Sony Cyber-shot DSC-RX100 VA/VI」を追加。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがiOS 12およびmacOS 10.14 MojaveでRAWフォーマットをサポートするカメラリストに「Sony Cyber-shot DSC-RX100 VA/VI」を追加しています。詳細は以下から。

iOS 10のカメラアイコン。

 Appleは現地時間2018年09月25日、新たにiOS 12およびmacOS 10.14 MojaveでRAWフォーマットをサポートするカメラリストを公開しました。このリストにはiOS 11およびmacOS 10.13 High Sierraでサポートしていたカメラも含まれていますが、新たにSony Cyber-shotの2モデルが追加されています。

Digital camera RAW formats supported by iOS 12 and macOS Mojave - Apple Support

iOS 12 and macOS Mojave include enhanced support for processing digital camera RAW formats, providing better detail and improved noise reduction. These RAW formats offer greater image-editing flexibility on macOS with Photos, Preview, and many third-party apps, and on iOS using third-party apps that support RAW. Support for additional RAW formats is added over time. This list is current as of 24 September 2018 and reflects compatibility for the latest versions of iOS 12 and macOS Mojave.

Digital camera RAW formats supported by iOS 12 and macOS Mojave – Apple Support

 新たに追加(diff)されたのは以下のSony Cyber-shotの2モデルで、MojaveではDSC-RX100 VAは「DSC-RX100M5A」として登録されていました。

  • Sony Cyber-shot DSC-RX100 VA
  • Sony Cyber-shot DSC-RX100 VI

 これらのカメラのRAW画像はステムレベルでサポートされるため、Appleのプレビューや写真アプリ、サードパーティ製のアプリでもRAW画像を扱うことが出来るので、ユーザーの方はチェックしてみて下さい。

macOSでサポートしているRAWフォーマットのカメラはシステム情報アプリの[ソフトウェア] → [RAWサポート]からチェックできます。