Twitterにアクセスできなくなった「Twitter for Mac」の代わりはChromeのPWAで「Twitter Lite」を使うのが最適?

シェアする

スポンサーリンク

 Twitterにアクセスできなくなった「Twitter for Mac」の代わりはChromeのPWAで「Twitter Lite」を使うのが最適のようです。詳細は以下から。


 Twitter, Inc.は2018年03月16日、Mac用Twitterクライアント「Twitter for Mac」サポートを終了し、加えてAPIキーを無効にすることでTwitter for Macからのアクセスを遮断しましたが、これに対しTwitterのエンジニアNolan O’BrienさんがTwitter for Macの代わりはChromeのProgressive Web Apps(以下、PWA)でTwitter Liteを利用するのが最適だとコメントしています(コメント欄でのご指摘ありがとうございます)。

本日から順次提供されるTwitter Liteは、理想的ではない通信環境でもTwitterをできるだけ快適にご利用いただけるよう、データ利用量を最小限にし、読み込み速度をアップさせ、不安定なネットワークでも利用しやすくし、デバイス上の容量も1MB以下に抑えるように設計しました。起動時や利用時の読み込み速度も最大30%アップさせ、Twitterの基本的な機能であるタイムライン、ツイート、ダイレクトメッセージ、トレンド、プロフィール、画像などのアップロード、通知などを搭載しています。このTwitter Liteは、ブラウザが使えるスマートフォンやタブレットをお持ちの、より多くの世界各地の方々にTwitterをご利用いただけるように、という考えで設計しました。

Twitter Liteのご紹介 – Twitter

スポンサーリンク

Twitter Lite

 Twitter Liteは昨年04月に公開されたモバイル版Twitterで、通信制限のあるモバイルデバイスのためにデータ節減モードや利用するストレージ容量の削減、起動時の読み込み速度の最適化に加え、

オートアップデート機能やプッシュ通知、オフラインモードなどをサポートしており、TwitterはGoogleとパートナーシップを結びChromeなどで最適に動くように設計されているそうです。

Chrome for MacでTwitter Lite

 Chrome for MacでTwitter LiteをPWAにするには、まず現在「試験運用機能」としてサポートされていているデスクトップ版ChromeのPWAを有効にするために、アドレスバーに以下のChrome URLを入力し、「Desktop PWAs」を[Enable]にします。

Google ChromeのProgressive Web Appsを有効にする

chrome://flags/#enable-desktop-pwas

 次に、Twitter Lite(mobile.twitter.com)を開き、Chromeの設定ボタンからPWAを有効にしたことで表示される「アプリケーションに追加…」を選択し、アプリケーションにTwitter Liteをインストールします。

https://mobile.twitter.com/

 インストールされたTwitter Liteはデフォルトで以下のディレクトリに保存され、データセーブ機能やmacOSのネイティブ通知に対応した通知機能、280文字のツイート、そして1つのアプリとして保存されているので、Command + Tabでのアプリ切替(Openコマンドの場合はこれが出来ません)などが利用できるので、TweetbotTwitterrificなどのネイティブアプリが合わなかった方は試してみて下さい。

Twitter LiteをCHromeでPWA

~/Applications/Chrome Apps.localized