チャット内でのGIPHYを再サポートし、サポートする仮想カメラのホワイトリストをアップデートした「Zoom Meeting for Mac v5.0.5」がリリース。

スポンサーリンク

 チャットでのGIPHYを再サポートし、サポートする仮想カメラのホワイトリストをアップデートした「Zoom Meeting for Mac v5.0.5」がリリースされています。詳細は以下から。

Zoomのアイコン

 ビデオ会議サービス「Zoom」などを提供するZoom Video Communications, Incは現地時間2020年06月02日、Mac用Zoomクライアントの最新版となる「Zoom Meeting for Mac v5.0.5」をリリースし、一時的に無効化していたGIFアニメサービス「GIPHYを再びチャット内で利用できるようにしたと発表しています。

Zoom for Mac v5.0.5

Release notes of 5.0.5 (26223.0603)
Changes to existing features

  • Re-enable GIPHY

Chat features

  • Improved transparency of channel privacy controls
  • Enabling public channel admins and members to add external users

リリースノートより

 また、同バージョンでは同じくチャットのセキュリティ機能と設定がアップデートされ、新たにチャットメンバーを追加するとチャンネルのプライバシーコントロールから過去のチャットメッセージを表示するかなどを設定できるようになったほか、チャンネル管理者とメンバーは外部ユーザーをパブリックチャンネルに追加することが出来ます。

Zoomチャット

 この他、Zoom Meeting for Mac v5.0.5ではv5.0.4で再サポートした仮想カメラへ接続できるアプリ/デバイスのホワイトリストがアップデートされLogitechやGoProなどのベンダーに加え、Vesa Heikkila(IRIUN WebCam)というインディーのカメラの接続をサポートしているので、OBSプラグインのOBS (macOS) Virtual Camera(Issue#4)」も今後サポートされるかもしれません。

Zoom Meeting for Mac v5.0.5のホワイトリスト

  • Zoom Video Communications, Inc. (BJ4HAAB9B3)
  • Snap, Inc. (424M5254LK)
  • Visicom Media Inc. (6SUWV7QQBJ)
  • Blackmagic Design Inc (9ZGFBWLSYP)
  • Telestream LLC (WSG985FR47)
  • Wizards of OBS LLC (2MMRE5MTB8)
  • Kinoni Oy (P2N5288CNQ)
  • Boinx Software Ltd. (6372P8EH2J)
  • Ecamm Network, LLC (5EJH68M642)
  • NewTek, Inc. (W8U66ET244)
  • New Vesa Heikkila (49J9VSEK39)
  • New Prezi Inc. (G3FPFFW4NC)
  • New Logitech Inc. (QED4VVPZWA)
  • New Reincubate Ltd (Q248YREB53)
  • New Cascable AB (EB5BP6YJ4R)
  • New GoPro, Inc. (5R97Y7Q7FD)
  • New Loomai, Inc. (98Q66P5BC7)
スポンサーリンク

Zoom for Macのセキュリティタイムライン

  • 2019年07月08日
    ▶InfoSecのセキュリティ研究者Jonathan Leitschuhさんが「Zoom for Mac」クライアントに悪意のあるWebサイトにアクセスするだけでMacのカメラが乗っ取られてしまう脆弱性がるとMediumに投稿。

  • 2019年07月09日
    ▶Zoom CEOのEric S. Yuanさんがグループチャットでこの問題を認め、暫定的な対処法と今後の修正を発表。

  • 2019年07月09日
    ▶Zoomがこの脆弱性を修正し、隠されたWebサーバー(localhost)を削除する機能を搭載したJuly 9 Patchを公開。

  • 2019年07月10日
    ▶これまでにZoomアプリをインストールしたユーザーのMacから隠されたWebサーバーを削除するため、AppleがMacに入り込んだマルウェアを検出し削除するセキュリティ機能Malware Removal Toolをアップデートし、"~/.zoomus"を削除する機能を追加したと発表。

  • 2019年07月12日
    ▶Zoomデーモン(Webサーバー)だけを残してZoomアプリを削除すると、RCEが可能になる脆弱性が確認される。

  • 2019年07月14日
    ▶会議を開始する前にビデオ(カメラを有効)を利用し、常にビデオプレビュー画面を表示するオプションを追加(デフォルトでON)。

  • 2019年07月15日
    ▶ビデオ会議サービスRingCentralやZhumuにも同様の脆弱性が発覚し、開発元がアップデートやパッチを配布。

  • 2019年07月16日
    ▶Appleが今回の件で2度目のMRTアップデート(v1.46)を公開し、Zoomと同様のビデオ会議サービスRingCentralやZhumuなどがインストール時に作るWebサーバーを削除。

  • 2020年03月末
    ▶Zoom Meeting for Macのインストーラーが、ユーザー承認をせずにアプリをインストールする問題

  • 2020年03月31日
    ▶Zoom Meeting for Macに権限昇格とコードインジェクションを利用しMacのカメラとマイクからユーザーの行動をキャプチャされる可能性がある脆弱性が指摘される。

  • 2020年04月01日
    ▶ZoomのCEOが謝罪し、今後はセキュリティ問題の修正に専念すると発表

  • 2020年04月02日
    ▶Zoomが複数の脆弱性を修正し、インストーラーが承認を取るようにしたZoom Meeting for Mac v4.6.9をリリース。

  • 2020年04月07日
    ▶タイトルバー上のミーティングID表示の廃止や、ミーティングのホスト(主催者)用にセキュリティを一箇所でコントロールできる「セキュリティ」ボタンを追加したZoom Meeting for Mac/Windows v4.6.10をリリース。

  • 2020年04月12日
    ▶DropboxやOneDriveでのファイル共有やスケジュールされたミーティングでパスワードが要求されるようになったZoom for Mac/Windows v4.6.11がリリース。

  • 2020年04月27日▶複数のセキュリティ機能を追加/強化したZoom v5.0がリリース。

  • 2020年05月10日
    ▶メールアドレスやPMI、電話番号などの個人情報をアスタリスクで隠すようにしたZoom v5.0.2がリリース。

  • 2020年05月17日
    ▶スクリーン共有時のミーティング情報表示や待合室用の新しいチャイムを追加したZoom v5.0.3がリリース。

  • 2020年05月25日
    ▶仮想カメラデバイスやアプリを再サポートしたZoom v5.0.4がリリース。

  • 2020年05月30日New
    ▶Zoom Meeting v5.x以降のクライアントを利用する全てのZoomアカウントをAES 256-bit GCM暗号化を採用