Apple、macOS/iOSで利用されているベクターベースのシンボルを管理する「SF Symbols」アプリをv1.1へアップデートし、サイドバーにカテゴリーリストを追加。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS/iOSで利用されているベクターベースのシンボルを管理する「SF Symbols」アプリをv1.1へアップデートし、サイドバーにカテゴリーリストを追加しています。詳細は以下から。

SF Symbols

 Appleは現地時間2019年10月29日、AppleがデザインしたSF(San Francisco)フォントに溶け込むベクターシンボル「SF Symbols」の管理アプリSF Symbolsをv1.1へアップデートし、サイドバーパネルにカテゴリーリストを追加しています。

SF Symbols v1.1

 また、SF Symbols v1.1ではv1.0 Betaで提供されていた、ユーザーが作成したベクターシンボル(svg)をXcodeにインポートできるかを検証してくれる[Validate Custom Symbols]機能が再び利用できるようになったそうなので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

SF Symbolsの検証

SF Symbols Update

  • 2019年06月03日
    SF Symbols v1.0 Beta 1

  • 2019年08月21日
    SF Symbols v1.0 Beta 2

  • 2019年09月11日
    ▶SF Symbols v1.0 (1A84)

  • 2019年10月29日
    SF Symbols v1.1アプリをリリース

  • 2019年11月21日
    SF Symbols v1.1を正式にリリース

  • 2019年11月22日
    ▶今後SF Symbolsはソフトウェア・アップデートで提供

  • 2020年06月24日
    ▶マルチカラーをサポートしたSF Symbols v2.0 Betaをリリース。

  • 2020年11月20日
    ▶IntelとApple Silicon MacのUniversal Binaryに対応したSF Symbols v2.1をリリース。

  • 2021年06月09日
    ▶600以上の新しいシンボルを追加した「SF Symbols v3.0」のBeta版をリリース。

  • 2021年09月29日
    ▶600以上の新しいシンボルを追加したSF Symbols v3.0をリリース。

  • 2021年11月12日
    ▶iOS 15.1でサポートされる11の新しいシンボルを追加したSF Symbols v3.1がリリース。

  • 2022年04月22日
    ▶AirPods (第3世代)やBeats Fit ProのシンボルなどiOS 15.2/macOS 12.1でサポートした15のシンボルを追加した SF Symbols v3.2がリリース。

  • 2022年04月22日
    ▶iOS 15.4/macOS 12.3でサポートされた7つの新しいシンボルを追加した「SF Symbols v3.3」がリリース。

  • 2022年06月07日
    ▶iOS 16/macOS 13 Venturaで利用可能な、700以上の新しいシンボルを追加し合計4,000以上となった「SF Symbols v4.0」のBeta版がリリース。