Apple、macOS 10.13 High SierraおよびmacOS 10.14 Mojave向けに「セキュリティアップデート 2020-002」および「Safari 13.1」アップデートを公開。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.13 High SierraおよびmacOS 10.14 Mojave向けに「セキュリティアップデート 2020-002」および「Safari 13.1」アップデートを公開しています。詳細は以下から。

macOS 10.13 High Sierraのインストーラーアイコン。

 Appleは現地時間2020年03月24日、macOS Catalinaの4度目のアップデートとなるmacOS Catalina 10.15.4 Build 19E266をリリースしましたが、同時にセキュリティサポートを続けるmacOS 10.13 High SierraおよびmacOS 10.14 Mojave向けに「セキュリティアップデート 2020-002」「Safari v13.1」アップデートを公開しています。

セキュリティアップデート2020-002

セキュリティアップデート2020-002をすべてのユーザに推奨します。このアップデートを適用するとmacOSのセキュリティが向上します。

リリースノートより

 本日提供されたセキュリティアップデート適用後のBuildナンバーは以下の通りで、現在は詳細が公開されていないためどの様な脆弱性が修正されているかは定かではありませんが、Safari v13.1ではGoogle Chromeからパスワードをインポートすることが可能になっているので、ユーザーの方は時間を見つけてアップデートすることをおすすめします。

Version
Build
macOS 10.12
Sierra
macOS 10.13
High Sierra
macOS 10.14
Mojave
2019年07月29日の
アップデート
macOS 10.12.6
16G2128
macOS 10.13.6
17G8030
macOS 10.14.6
18G87
2019年09月26日の
アップデート
macOS 10.12.6
16G2136
macOS 10.13.6
17G8037
macOS 10.14.6
18G103
2019年10月29日の
アップデート
サポート終了 macOS 10.13.6
17G9016
macOS 10.14.6
18G1012
2019年12月10日の
アップデート
macOS 10.13.6
17G10021
macOS 10.14.6
18G2022
2020年01月28日の
アップデート
macOS 10.13.6
17G11023
macOS 10.14.6
18G3020
2020年03月24日の
アップデート
macOS 10.13.6
17G12034
macOS 10.14.6
18G4032