macOS 10.13.4 High SierraではDisplayLink製のUSBグラフィックスが利用できなくなるとして、DisplayLinkがアップデートを控えるよう通知。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.13.4 High SierraではDisplayLink製のUSBグラフィックスが利用できなくなるとして、DisplayLinkがアップデートを控えるよう通知しています。詳細は以下から。

DisplayLinkのロゴ

 Appleが現地時間2018年03月29日にリリースしたmacOS 10.13.4 High SierraではThunderbolt 3対応のMacでAMD系のGPUを利用したeGPUがサポートされましたが、米DisplayLink社によると現在同社がリリースしているUSBグラフィックス用のドライバーとmacOS 10.13.4の間で互換性に問題があり、ディスプレイが利用できなくなる(Blank状態になる)不具合があるそうです。

We have become aware that installing macOS release Version 10.13.4 will cause DisplayLink connected displays to go blank after the OS upgrade, with the current DisplayLink driver [4.1] installed. Functionality such as Ethernet and audio, where implemented, is unaffected. We have alerted Apple to this issue and are working hard to find a resolution. These features continue to work as expected in 10.13.3.

Important Information about macOS 10.13.4 update – DisplayLink

 DisplayLink社によるとこの問題はmacOS 10.13.4 Betaの時から報告されており、直ぐにAppleに報告(Radar://37385102)したそうですが本日正式にリリースされたmacOS 10.13.4 Build 17E199でも修正されていないそうで、DisplayLinkやDisplayLinkチップを搭載したUSB Dockなどを販売しているサードパーティ製メーカーなどがmacOS 10.13.4へのアップデートを控えるように通知しているので、ユーザーの方は注意して下さい。