Apple、Safari v13.1にGoogle Chromeに保存されているパスワードをiCloudキーチェーンにインポートする機能を追加。

スポンサーリンク

 Apple、Safari v13.1にGoogle Chromeに保存されているパスワードをiCloudキーチェーンにインポートする機能を追加しています。詳細は以下から。

macOS,iOSのデフォルトブラウザ「Safari」のアイコン。

 Appleは現地時間2020年03月24日、macOS Catalinaの4度目のアップデートとなるmacOS Catalina 10.15.4 Build 19E266をリリースしましたが、同時にリリースされた「Safari v13.1」では、Google ChromeブラウザからパスワードをiCloudキーチェーンにインポート(読み込み)する機能が追加されています。

Google Chromeのパスワードを読み込むSafari

ChromeでのパスワードをiCloudキーチェーンに読み込んで、Safariやすべてのデバイスでパスワードを簡単に自動入力するためのオプション追加

リリースノートより

 この機能はSafariの[ファイル]メニュー → [読み込む] → [Google Chrome]から利用可能で、その後に表示されるオプションで[✅パスワード]を選択しておくと、その後、Chrome Safe Storageのユーザーパスワードを求められ、

Google Chromeのパスワードを読み込み

インポートが終了すると、Safariの環境設定 → [パスワード]タブにGoogle Chromeに保存されていたパスワードがインポートされていることが確認できるので、Chromeに保存してあるパスワードをSafariでも利用したい方は試してみてください。

Safariへ読み込まれたGoogle Chromeのパスワード

この機能は、macOS 10.13 High SierraおよびmacOS 10.14 Mojaveへ提供されているSafari v13.1でも利用可能です。
スポンサーリンク

おまけ

 ちなみに、Safari v13からは弱いパスワードでログインするとパスワードを変更するように促されるので、Google Chromeに保存しているパスワードが弱い場合、複数の警告が表示されるはずです。