Apple、Safari v12でsafariextz形式の機能拡張を非推奨へ。2018年12月にはGalleryへの登録も終了。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがmacOS Mojaveのデフォルトブラウザとなる「Safari v12」でsafariextz形式の機能拡張を非推奨にすると発表しています。詳細は以下から。

macOS,iOSのデフォルトブラウザ「Safari」のアイコン。

 Appleは現地時間2018年06月04日、次期Mac/iOSデバイス用OSmacOS 10.14 MojaveおよびiOS 12を発表し、これらのOSにはデフォルトブラウザとして「Safari v12」が同梱されていますが、このSafari v12ではsafariextz形式の機能拡張が非推奨/廃止予定(Deprecated)となるそうです。

Deprecated .safariextz-style Safari Extensions

Support for .safariextz-style Safari Extensions installed from the Safari Extensions Gallery is deprecated with Safari 12 on macOS. Submissions to the Safari Extensions Gallery will no longer be accepted after December 2018. Developers are encouraged to transition to Safari App Extensions.

What’s New in Safari – Apple Developer

 これはAppleがWWDC 2016から進めてきた計画の一環のようで、OpenGL/OpenCL同様に「非推奨=すぐに利用できなくなる」という意味ではありませんが、Appleは今年12月をもって同社が提供しているSafari Extensions Galleryへの登録受付も終了するそうで、開発者に対しては今後Safari App Extensionsを利用して2017年08月にオープンしたMac App StoreのSafari Extensionsカテゴリー経由での公開を行うよう求めています。

Mac App Storeに開設されtSafari Extensions Gallery

*開発者の方は以下のようなリンクでMac App Storeで公開されている機能拡張へのリンクが与えられます。

macappstores://itunes.apple.com/us/collection/safari-extensions/id29520?fcId=1093963857&ls=1&mt=12

スポンサーリンク

追記

 本日公開されたSafari v12のプレビュー版となるSafari Technology Preview v58でもこの仕様が反映されており、開発者署名付きのsafariextz機能拡張でも新規インストールは不可能で、既にインストールしてある機能拡張も[機能拡張]タブに表示されず動かなくなるので、今後FavemojiのようにGitHubや開発者の公式サイトでSafari機能拡張を公開するのは難しくなりそうです。

Removed Support for Developer-signed .safariextz

Removed Support for Developer-signed .safariextz Safari Extensions
Support for developer-signed .safariextz Safari Extensions in Safari 12 on macOS has been removed. They no longer appear in Safari preferences and cannot be enabled. On first launch users will receive a warning notification and these extension will not load.

What’s New in Safari – Apple Developer

コメント

  1. 匿名 より:

    Firefoxもいろいろあったし、Safariもか・・・

  2. 匿名 より:

    でもこの実施により、Safariの拡張機能が減る可能性がありますね。