MacとiPadで、1組のキーボードとマウスを共有し、ファイルのドラッグ&ドロップも可能なmacOS 12.3 Monterey/iPadOS 15.4の新機能「ユニバーサルコントロール」を利用する方法。

スポンサーリンク

 macOS 12.3 Monterey搭載のMacとiPadOS 15.4搭載のiPadで、1組のキーボードとマウスを共有する「ユニバーサルコントロール (Universal Control)」を利用する方法です。詳細は以下から。

Universal Control

 Appleは現地時間2022年03月14日、Mac向けに「macOS 12.3 Monterey」およびiPad向けに「iPadOS 15.4」を正式リリースしましたが、このmacOS 12.3とiPadOS 15.4では、Appleが2度導入を延期[1, 2]した、

ユニバーサルコントロール

macOS 12.3/iPadOS 15.4ではユニバーサルコントロール機能にいくつかの利用できない/不具合があるためBetaサポートとなっています。

MacとiPadで1組のキーボードとマウスを共有し、Macに接続されたキーボードとマウスでiPadを(その逆も)操作できる「ユニバーサルコントロール (Universal Control)」がBetaサポートされています。

スポンサーリンク

ユニバーサルコントロールのシステム要件

 このユニバーサルコントロール機能は、SidecarやiPhoneやiPadの画面をMacに映し出すAirPlay to Macと同様に、macOS 12 MontereyおよびiPadOS 15へアップグレード可能な全てのMacとiPadで利用できるわけでなく、

Sidecar White Paper (PDF)

Sidecarのシステム要件

Mac/iPadともにH.264/HEVC H/Wエンコードをサポートしたプロセッサが必要となっており、MacではIntelのSkylake世代(dGPUを搭載したiMac 5Kは例外)またはApple T2/Siliconを搭載したMac以上で利用可能です。

ユニバーサルコントロールをサポートしたMac

Mac macOS 12 MontereyをサポートしたMac Universal Controlのシステム要件
MacBook Early 2016以降 2016以降
MacBook Air Early 2015以降 2018以降
MacBook Pro Early 2015以降 2016以降
Mac mini Late 2014以降 2020以降
iMac Late 2015以降 2017以降
+iMac (5K Retina 27-inch, Late 2015)
iMac Pro 2017以降 2017
Mac Pro Late 2013以降 2019

ユニバーサルコントロールをサポートしたiPad

iPad iPadOS 15をサポートしたiPad Universal Controlのシステム要件
12.9インチ iPad Pro 12.9インチiPad Pro(第1世代~第5世代) 全てのiPad Pro
11インチiPad Pro 11インチiPad Pro(第1世代~第3世代)
10.5インチiPad Pro 全ての10.5インチiPad Pro
9.7インチiPad Pro 全ての9.7インチiPad Pro
iPad Air iPad Air 2および(第3世代~第4世代) iPad Air (第3世代)以降
iPad iPad(第5世代~第9世代) iPad(第6世代)以降

ユニバーサルコントロールの使い方

 ユニバーサルコントロールを利用するには、まず、2ファクタ認証を利用したApple IDでiCloudにサインインた、macOS 12.3 Monterey搭載のMacとiPadOS 15.4を搭載したiPadを用意し、Wi-FiとBluetooth、Handoff機能を有効にします。

ユニバーサルコントロール機能はHandoff機能が必要

 Handoff機能はMacの場合、システム環境設定アプリの[一般] → [✅このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可]、iPadの場合は設定アプリの[一般] → [AirPlayとHandoff] → [Handoff]を有効にして、ついでに[カーソルとキーボード (ベータ版)」も有効にしておきます。

ユニバーサルコントロールの使い方

 次に、Macのシステム環境設定で[ディスプレイ] → [ユニバーサルコントロール]をクリックし、「✅ カーソルとキーボードを近くにあるすべてのMacまたはiPad間で移動することを許可]を有効にします。

Macでユニバーサルコントロールを有効にする1

Handoffが有効になっていないと、この段階で有効にするように指示されます。

 また、ユニバーサルコントロールには「ディスプレイの端を通過させて近くにあるMacまたはiPadに接続」「近くにあるMacまたはiPadに自動的に再接続」のオプションが用意されているので、利用したい場合は有効にしておきます。

Macでユニバーサルコントロールを使う2

 後は、同じApple IDで紐付けしたMacとiPadを同じネットワークに接続して近づけるだけで、ユニバーサルコントロール対応のデバイスが発見され、[ディスプレイ]設定から、MacとiPadの配置を決めて、ディスプレイの端にマウスカーソルを移すだけで、もう一方のデバイスへキーボードとマウスの操作が移ります。

Macでユニバーサルコントロールの設定

 また、ユニバーサルコントロールはデバイス間のクリップボードのコピー&ペース(Handoff機能)やファイルのドラッグ&ドロップをサポートしているため、Mac/iPad Onlyのアプリでファイルを移動する際にも便利ですが、

Appleが開発者向けに公開しているリリースノートの通り、現在ユニバーサルコントロールはBeta扱いで、いくつかのファイルはドラッグ&ドロップができず、サードパーティ製マウスのスクロールホイールなどが利用できない問題が残っているので、この辺りは今後のアップデートで修正されるのを待つしかないようです。

Known Issues

  • Drag-and-drop scenarios might not work for some file types and apps. (88106322)
  • Some third-party keyboards and mice might encounter issues when using additional functionality, like scroll wheels. (88106362)

macOS Monterey 12.3 Release Notesより

 また、現在のところユニバーサルコントロールで操作できるのは最大3台のMac&iPadとなっているので、それ以上の台数のMac、またmacOS 11 Big Sur以下のMacをを操作したい場合はバーチャルKVMのTeleportを利用してみてください。

Universal Control