iPadをMacのセカンドディスプレイにできるmacOS 10.15 Catalina/iPadOS 13の新機能「Sidecar」をハードウェア要件から外れたMac/iPadでも有効にできる「SidecarPatcher」の使い方。

スポンサーリンク

 iPadをMacのセカンドディスプレイにできるmacOS 10.15 Catalinaの新機能「Sidecar」のハードウェア要件から外れたMacでもSidecar機能を有効にできる「SidecarPatcher」がリリースされています。詳細は以下から。

Sidecarのアイコン

 Appleは2019年10月にリリースしたmacOS 10.15 CatalinaでiPadをMacのセカンドディスプレイとして利用することができるSidecar機能を実装しましたが、このSidecarのハードウェア要件はApple PencilをサポートしたiPadと、

Affinity Designer 1.7 with Sidecar sneak peek

MacはiMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)以降およびiMac Pro (2017)、MacBook Air 2018、MacBook Pro 2016、Mac mini 2018、iMac Pro (2017)以降のIntelの第6世代Coreプロセッサ「Skylake」を搭載したMacとなっているため、Sidecarを使用できないMacも多いですが、

SidecarPatcherの画面

このSidecarのハードウェア要件から外れたMacやiPadでもSidecarを利用できるようにするパッチ「SidecarPatcher」が公開されています。

スポンサーリンク

SidecarPatcherの使い方

SidecarPatcherが利用できるMac

 SidecarPatcherを公開したのはカリフォルニア大学アーバイン校のJinwoo Kimさんで、このパッチを利用することでmacOS 10.15 Catalina環境でもSidecarをサポートしていない以下の機種IDのMacでSidecar機能を有効にすることが出来ます。機種IDはシステム情報アプリか以下のsysctlコマンドでチェックしてください。

sysctl hw.model

これ以外のMacはmacOS 10.15 Catalinaへアップグレードできないか、パッチ無しでSidecarが利用できるはずです。
  • iMac
    • iMac (Late 2012) ~ iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)までのiMac13,1, iMac13,2, iMac13,3, iMac14,1, iMac14,2, iMac14,3, iMac14,4, iMac15,1, iMac16,1, iMac16,2
  • Mac mini
    • Mac mini (Late 2012) ~ Mac mini (Late 2014)のMacmini6,1, Macmini6,2, Macmini7,1
  • Mac Pro
    • Mac Pro (Mid 2010) ~ Mac Pro (Late 2013)までのMacPro5,1, MacPro6,1
  • MacBook
    • MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)以降のMacBook8,1
  • MacBook Air
    • MacBook Air (Mid 2012) ~ MacBook Air (2017)までのMacBookAir5,1, MacBookAir5,2, MacBookAir6,1, MacBookAir6,2, MacBookAir7,1, MacBookAir7,2
  • MacBook Pro
    • MacBook Pro (Mid 2012) ~ MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015) までのMacBookPro9,1, MacBookPro9,2, MacBookPro10,1, MacBookPro10,2, MacBookPro11,1, MacBookPro11,2, MacBookPro11,3, MacBookPro11,4, MacBookPro11,5, MacBookPro12,1

 また、iPadについてはAppleが公表しているハードウェア要件はApple PencilをサポートしたiPadでしたが、この要件はブラックリスト制となっておりJailbreakなどを必要とせずMac側にパッチを当てることで解除できるそうで、以下の機種IDのiPadでもSidecarを利用できるそうなので、機になる方はMactracker」アプリの[This Device]で、使用しているiPadの機種ID[Model Identifier]をチェックしてみてください。

SidecarPatcherとMactracker

iPad4,1, iPad4,2, iPad4,3, iPad4,4, iPad4,5, iPad4,6, iPad4,7, iPad4,8, iPad4,9, iPad5,1, iPad5,2, iPad5,3, iPad5,4, iPad6,11, iPad6,12

SidecarPatcherを実行する前に

 SidecarPatcherはAppleのプライベートフレームワーク内にある「SidecarCore」を書き換えてSidecar機能を有効にしてくれますが、バックアップ機能は搭載していないので、Jinwooさんはパッチを利用するユーザーに対し万が一に備えてどのような方法でもいいので以下のパスにあるSidecarCoreをバックアップしおくように求めています。

SidecarCoreをバックアップ

THIS SCRIPT DOESN’T MAKE SidecarCore BACKUP SO YOU HAVE TO DO THIS MANUALLY. PLEASE BACKUP /System/Library/PrivateFrameworks/SidecarCore.framework/Versions/A/SidecarCore. PLEASE. PLEASE. PLEASE.

main.swiftより

Command Line Toolsを入手してSIPをOFFに

 次に、Apple Developerサイトから「Command Line Tools」をダウンロードし、Macをリカバリーモードで起動しAppleがOS X 10.11 El Capitanから導入したSIPをOFFにして再起動します。

macOSでシステム整合性保護機能をOFFにする方法

csrutil disable

 後はSidecarPatcherをgit clone&実行するだけでSidecar非サポートのMacやiPadでもSidecar機能が有効になりますが、以下のスクリーンショットを見ても分かる通り、HEVC/H.265のハードウェアエンコードがサポートされていないMacやiPadでのSidecarはプロファイル上では24-bitカラー(ARGB8888)となっているものの再現に限界があるようで、

sudo swift SidecarPatcher main.swift

git clone https://github.com/pookjw/SidecarPatcher
chmod +x SidecarPatcher/main.swift
sudo swift SidecarPatcher/main.swift

Wi-Fi診断のSidecar診断を見ても、SidecarをサポートしたMac/iPadでは転送レイテンシ(遅延)が~1msオーダーなのに対し、非サポートのMac/iPadでは10~100msオーダーで確認でき、

Sidecarの転送レイテンシ

クリックで拡大 (縦軸のオーダーに注意)

フレームレートもプロファイル上は60Hzを示すものの、実際には60HzどころかDuet Displayのようにフレームスキップも発生するので、Apple Pencilを利用してペイントアプリを利用するのには向きませんが古いMacやiPadでSidecarを体験する程度でよい方は試してみてください。

おまけ

 SidecarCoreを元に戻す場合はインストーラーからシステムの修復を行うか、README.mdにある通りにパッチを当てた「SidecarCore」をバックアップした「SidecarCore」に置き換えてください。

macOS Catalina reinstall

また、SidecarPatcherを少しGUI化した「Free Sidecar」というアプリも公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

free-sidecar

コメント

  1. 匿名 より:

    SidecarPatcherもFree Sidecarも上手く行かぬ。iMac 27 Late2015と初代iPad Air(iPad4,1)の組み合わせ。iPadの方がiPad OSじゃないところに疑問を感じるが、どっちも対象モデルに「iPad4,1」との記述がある。本当に可能なのか?

  2. 匿名 より:

    手間暇掛けて可能になっても実用的でない
    Yam Displayを使いましょう