複数のMacで1組のキーボードとマウスを共有できるオープンソースのバーチャルKVM「Teleport」が約5年ぶりにメンテナンスを再開し、macOS 11 Big SurやApple Siliconに対応。

スポンサーリンク

 複数のMac間で1組のキーボードやマウスを共有できるバーチャルKVM「Teleport」が約5年ぶりにメンテナンスを再開し、macOS 11 Big SurやApple Silicon Macに対応しています。詳細は以下から。

Teleport

 プライベートや仕事、検証用に複数のMacを所有していると、並行して利用する際に接続された複数のキーボードとマウスでデスクトップがいっぱいになってしまう事があり、この問題を解決してくれるKVM(Keyboard, Video and Mouse)やCPU切替器というデバイスが広く販売されていますが、

このKVMをソフトウェア的に行ってくれるMac用バーチャルKVM「Teleport」が、最近になりmacOS 11 Big SurやIntelとApple Silicon Macに対応したUniversal 2 Binaryアプリとして公開されています。

Teleport for Mac

Teleport is a legacy project that was once closed source. After the software was discontinued, the original author made the source available to the public and passionate users have been making things work on an ad-hoc basis.

johndbritton/teleport: Virtual KVM for OS X – GitHub

 Teleportは2007年にAbyssoftのJulien Robertさんによって開発され、その後、JulienさんがAppleのシニアソフトウェアエンジニアになった2015年で開発が止まり、オープンソース化されていましたが、2020年末に元GitHubのエンジニアで現在は独立しRaise.devのCEOをされているJohn Brittonさんがメンテナンスを引き継いで開発が再開されたそうで、

Teleport support macOS 11 Big Sur

現在最新バージョンとなるTeleport v1.3.xではmacOS 11 Big Surに対応し、IntelとApple Silicon MacをサポートしたUniversal 2 Binaryとなっています。

Teleport v1.2.2以降ではJohn Brittonさんの開発者IDで署名されAppleの公証も取得しています。
スポンサーリンク

Teleportの使い方

 Teleportの機能はLogitech(日本ではLogicool)が提供しているLogicool FLOWSynergy, ShareMouseといったサードパーティアプリとほぼ同じで、1組のキーボードとマウス、そしてクリップボードをネットワークを介して複数のMacで共有することができ、アプリはMac専用ですが無料でLogitech社製でないキーボードとマウスでもセットアップすることができます。

Logitech Flowの機能。

 Teleportを利用するには、まず、キーボードとマウスを共有したいMac全てにTeleportをインストール&起動し、システム環境設定の[セキュリティとプライバシー] → [アクセシビリティ]で、Teleportにコンピュータの制御許可を与えます。

Teleport for Macのアクセシビリティ許可

 次に、キーボードとマウスを共有したいMac全てで設定ウィンドウの左上にある[✅ Share this Mac]を有効にして、Macを同一ネットワーク内に置いて検出させ、設定ウィンドウ上部に表示されたら、そのMacのデスクトップを下の共有エリアに移動します。

Teleport for Macでキーボードとマウスを共有

 以上で一般的な設定は終了で、デフォルトでは設定ウィンドウで並んでいるMacのデスクトップの端にマウスカーソルが移動すると、自動的にキーボードとマウスの操作がもう一方のMacに移るようになっています。

 Project statusにもあるように、Teleportレガシィなアプリで、現在メンテナンスは再開されているものの、Mac間でのファイルのドラッグ&ドロップ(*サポート済み)やネットワークトラフィックの暗号化、ディスプレイのステータス情報の表示など、一部利用できない機能もあるそうですが、IntelとApple M1チップ搭載のMacを並べて利用する場合などに便利なので、興味のある方は試してみてください。

Project status
Teleport is a legacy project that was once closed source. After the software was discontinued, the original author made the source available to the public and passionate users have been making things work on an ad-hoc basis.

As of v1.2.2 All of the key features are known to work on macOS Big Sur.

Teleport previously allowed for file drag and drop between Macs, encrypted network traffic, and status information displays. These features likely work right now, but are unsupported and subject to removal if they break.

johndbritton/teleport: Virtual KVM for OS X – GitHub

おまけ

 3日前に公開されたTeleport v1.3.2はAppleの公証を通過していないので、試したい方はTeleport v1.3.1を利用してみてください。また、ディスプレイの端にマウスカーソルがついただけで、キーボードとマウスの操作が別のMacに行ってしまう場合は、

Teleport Option setting

設定画面で共有しているMacのデスクトップをクリックすると、キーボードとマウスを切り替える時間や特定の修飾キーを押している場合にディスプレイの端にマウスカーソルがついた時に操作を移動するといった設定が可能です。

追記(2021年01月06日)

 Teleport v1.3.2で「”terelport”が壊れているため開けません。ゴミ箱に入れる必要があります。」というエラー表示される問題はTeleport v1.3.3で修正されています。

Teleportは壊れているため開けません。

コメント

  1. とぷーのパパ より:

    MacBook Pro 15インチ版(外部ディスプレイとUSB外部キーボード、つまりシェルモードで使用)とiMac 27インチ版との2台のMacでTeleport.app Ver.1.3.3を試しましたが、不安定で使いものになりません。Layout上で相手のMacに鍵が掛かってしまいました。

    そこで、インストール済みのTeleportを消去して、新しく”teleport-v1.3.3.zip”を再度ダウンロードして再度インストールしてみましたが、症状は変わりません。

    いずれにしても、詳しいマニュアルが見つかりません。私の使い方が悪いのか、このAppに問題があるのかも不明です。何か良い方法があれば教えて下さい。

  2. とぷー より:

    MacBook Pro 15″2019年版(外部ディスプレイと外部USBキーボードとMagic Mouseつまりシェルモード)、およびiMac 27″2018年版(ともにMacOS Big Sur ver.11.4)でTeleport v.1.3.3を試しました。当初はうまく機能しましたが、不安定で使い物にならなくなりました。Layout上で相手のMacに鍵が掛かってしましました。
    Teloport.appのUser Manualが見つかりませんので、私の使い方が悪いのか、appに欠陥があるのか判定できません。
    何か、良い方法があったら教えて下さい。