Apple、適用後に数MBにも及ぶエラーログが作成され、パフォーマンスが低下する問題が確認されていたmacOS 10.14.6 Mojave向けの「セキュリティアップデート2020-005」を非公開に。

スポンサーリンク

 Appleが適用後に数MBにも及ぶエラーログが作成され、パフォーマンスの低下が確認されていたmacOS 10.14 Mojave向け「セキュリティアップデート2020-005」を非公開にしています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2020年09月30日、09月24日にリリースしたmacOS 10.14.6 Mojave向けのセキュリティアップデート 2020-005を非公開にしています。このアップデートについては適用後、System.logに数MBに及ぶエラーログ(通常は数KB)が作成され、パフォーマンスが低下する問題が指摘されていましたが、

Pull Security update 2020-005 Mojave 10.14.6

Can I go without this update? My iMac (2012 late edition) is getting excruciatingly slow after installing that update. I had to revert back to my previous state from the time machine backup. Pls. advice; I am at fix!!

Security update 2020-005 Mojave 10.14.6 – Apple Community

その後、Macが定期的にフリーズする、マウスやキーボード操作を受けつけない、特定のコマンドやユーザー作成ができないなどの不具合が報告されていました。

 Appleは、この問題の報告を受けてmacOS 10.14.6 Mojave向けのセキュリティアップデート 2020-005を取り下げ(Pull)たようで、現在はAppleのCDNからもmacOS 10.14.6 Mojave Build 18G6032となるセキュリティアップデート 2020-005が取り消されているので、今後、何らかの発表があるか、新しいアップデートが公開されると思われます。

macOS 10.14.6 Mojave Build 18G6032

https://support.apple.com/kb/DL2054
スポンサーリンク

追記

 AppleはmacOS 10.14.6 Mojave向けのセキュリティアップデート 2020-005を取り下げましたが、アップデート適用後、accountsdなどのデーモンがCPU使用率を圧迫する問題が報告されているmacOS Catalina 10.15.7 (19H2)」については、現在も公開したままなので、これからアップデートをされる方はTime Machineでバックアップを作成してからアップデートをすることをお勧めします。

accountsdプロセスが500%を使うことも

追記2

 AppleはmacOS 10.14 Mojave向けに公開していたデフォルトブラウザSafari v14の公開も取り下げています。

macOS 10.14.6 Mojave Build 18G6020

追記3

 Appleは現地時間2020年10月01日、非公開としていたmacOS 10.14.6 Mojave向けの「セキュリティアップデート 2020-005の公開(配布)を再開しています。

2020年10月01日に公開されたmacOS 10.14.6 Mojave Build 18G6032

セキュリティアップデート2020-005不具合のタイムライン

コメント

  1. 匿名 より:

    Safari 14も非公開になってません?

  2. 匿名 より:

    まともにチェックもせずにリリースしているんだろうな

  3. 匿名 より:

    適応しちゃったんですが、どうなるのかなぁ。。。