Apple、システム管理者向けにiOS 12やmacOS Mojaveへアップデートする際の注意事項をまとめたサポートページを公開。

スポンサーリンク

 Appleがシステム管理者向けにiOS 12やmacOS Mojaveへアップデートする際の注意事項をまとめたサポートページを公開しています。詳細は以下から。

macOSのGuestユーザーのアイコン

 Appleは現地時間2018年08月29日、企業や大学などでAppleデバイスを管理するシステム管理者向けに、今年の秋にリリースを予定しているiOS 12およびmacOS Mojaveへデバイスをアップデートする前に確認しておくべき注意事項をまとめた管理者向けの「iOS 12とmacOS Mojave に備える」ページを公開しています。

「macOS Mojave に備える」ページ

If you’re a system administrator, you should review this list and prepare for changes before updating to iOS 12 or macOS Mojave.

Prepare your institution for iOS 12 or macOS Mojave – Apple Support

 サポートページの内容的にはWWDC 2018やiOS 11.4/macOS 10.13.6までに発表された注意点以上の項目は含まれていないようですが、Symantecの認証局の取り消しや32-bitアプリの警告(macOS)、PACやMDMの管理などに変更があるので、システム管理者のかたはチェックしてみてください。

macOS 10.14 Mojaveが32-bitをサポートする最後のmacOS