Apple、不具合が確認されて一時非公開としていたmacOS 10.14.6 Mojave向けの「セキュリティアップデート 2020-005」の公開を再開。

スポンサーリンク

 Appleが不具合が確認されて一時非公開としていたmacOS 10.14.6 Mojave向けの「セキュリティアップデート 2020-005」の公開を再開しています。詳細は以下から。

macOS Mojaveのアイコン

 Appleは現地時間2020年09月24日、現在もセキュリティサポートを続けているmacOS 10.14 MojaveとmacOS 10.13 High Sierra向けににセキュリティアップデート 2020-005をリリースしましたが、

Security Update 2020-005 Mojave

その後、このセキュリティアップデート 2020-005を適用したmacOS MojaveユーザーからMacのパフォーマンスが低下したり、定期的にフリーズする、マウスやキーボード操作を受けつけない、特定のコマンドやユーザー作成ができないなどの不具合が報告され、昨日、このセキュリティアップデート 2020-005とSafari v14配布を中止(非公開)しました。

macOS 10.14.6 Mojave Build 18G6020

 この問題に対し、Appleは現地時間2020年10月01日、再びmacOS 10.14.6 Mojave向けに「セキュリティアップデート 2020-005」の配布を開始しています。ただし、Appleはシステム管理者向けのチャンネルでも今回の件に関してコメントしていないため、パッチの適用は各管理者が判断してください。

2020年10月01日に公開されたmacOS 10.14.6 Mojave Build 18G6032

 *セキュリティアップデート2020-005適用後のBuild Numberは前回と同じmacOS 10.14.6 Mojave Build 18G6032でpkg版の配布は現在も中止されています。

https://support.apple.com/kb/DL2054

セキュリティアップデート2020-005不具合のタイムライン

コメント

  1. 18mini より:

    取り下げられる前にキュリティアップデート2020-005を適用した者です。今朝以下のアップデートが流れてきたので適用しました。
    ttps://support.apple.com/ja-jp/HT211872