Windows版で仮想カメラをネイティブサポートし、Source Toolbarや新しいノイズ抑制機能を備えたライブ配信アプリ「OBS Studio v26」がリリース。

スポンサーリンク

 Windows版で仮想カメラをネイティブサポートし、Source Toolbarや新しいノイズ抑制機能を備えたライブ配信アプリ「OBS Studio v26」がリリースされています。詳細は以下から。

OBS Studio

 OBS Projectは現地時間2020年09月29日、オープンソースでWindowsやMac, Linuxのクロスプラットフォームに対応したライブ配信アプリ「OBS (Open Broadcaster Software) Studio」の最新バージョンとなる「OBS Studio 26.0」をリリースしたと発表しています。

OBS Studio 26.0

OBS Studio 26.0

  • Official Virtual Cam
  • Screenshots
  • Source Toolbar
  • Quality Of Life Improvements

リリースノートよび抜粋

スポンサーリンク

OBS Studio 26.0の主な新機能

仮想カメラ

 OBS Studio v26.0ではRC版で発表されていたとおり、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でZoomやGoogle Meet、Microsoft Teamなどのライブ配信サービスを利用するユーザーが増え、OBSから直接これらのサービスへ映像を配信できるよう、仮想カメラがサポートされています。この仮想カメラ機能は現在のところWindows版だけですが、将来のアップデートではMacとLinuxでもサポートを予定しているそうです。

OBS Studio 26 Release Candidate 1 support Virtual Camera

OBS Studioの映像を仮想カメラを通して直接Zoomに配信することも可能に。

スクリーンショット

 また、地味な機能ですがOBS Studio 26.0では新たにプレビュー、ソース、シーンを選択した状態で、それらのスクリーンショットを撮影できるようホットキー設定に[スクリーンショットの出力]と[選択したソースをスクリーンショット]の項目が追加されています。

OBS Studio 26.0のスクリーンショット機能

スクリーンショットのデフォルト出力はムービーフォルダ

Source Toolbar

 Source Toolbarは現在選択しているソースを素早く切り替え/プレビューできるようにコントロール上に設置可能なツールバーで、[表示]メニューの[ソースツールバー]で表示することができます。

OBS Studio 26.0 Source Toolbar

ノイズ抑制

 OBS Studio 26.0ではノイズ抑制機能もアップデートされ、AWSのJean-Marc ValinさんがMozillaに勤めていた際に開発したAIベース(ディープラーニング)のノイズ抑制メソッド「RNNoise」がデフォルトフィルタとなっています。

OBS Studio 26.0 RNNoise

 この他、macOS版ではデスクトップオーディオデバイスをキャプチャする際に、Rogue Amoeba SoftwareのLoopbackやSoundflowerに代わるオープンソースの仮想オーディオユーティリティBlackHoleなどが選択できるようになっているので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。