iPhoneのスクリーンショットやSketchファイルをドラッグ&ドロップするだけで3Dモックアップ動画が作成できるMacアプリ「Design Camera」がBeta版を公開中。

シェアする

スポンサーリンク

 iPhoneのスクリーンショットやSketchファイルをドラッグ&ドロップするだけで3Dモックアップ動画が作成できるMacアプリ「Design Camera」がBeta版を公開しています。詳細は以下から。

Design Cameraアプリのアイコン

 Design CameraはGoogleのデザイナーでMacからAndroidデバイスのスクリーンキャプチャやapkファイルのインストールが可能なAndroid Tool for Macなどを開発しているMorten Justさんが新たに開発している3Dモックアップ作成ツールで、iPhoneのスクリーンショットやスクリーンキャプチャ、Sketchファイルなどをドラッグ&ドロップするだけでAdobeやGoogle, Shopify, Uberのプロモーションビデオに出てくるようなアプリのモックアップが作成できるのが特徴です。

Design Cameraアプリ

Design Camera is an app for your Mac that lets you create, capture, and animate 3D mockups for your digital designs in a matter of seconds.

Design Camera – 3D mockups in 3 seconds

スポンサーリンク

Design Camera Beta

 Design Cameraは昨年末にランディングページが公開され、現在はBeta段階ですが試用可能なアプリも公開されており、以下の動画のようにアプリにプリセットされたiPhoneにスクリーンショットをドラッグ&ドロップし、カラーやズームを変えて3Dアニメーション動画を作ることが可能で、Skechファイルにレイヤーを作成すれば、より動きのある動画を作成することができるそうです。

 現在公開されているOpen Beta版は無料で、スクリーンショット(png, jpeg)やスクリーンキャプチャ(mp4, mov)、iPhoneでの操作をそのままDesign Cameraにミラーリングしてモックアップ動画を作成できるLive iPhone Screen、DSLRカメラを利用したBlurフィルタなどほぼ全ての機能が利用でき、Adobe XDのエバンジェリストHoward Pinskyさんもプレビュー動画を公開しているので、興味のある方はBeta版を利用してみてください。

追記

 少し利用していると、Open BetaにアクセスしてくれたEarly Bird向けに30%OFFライセンス購入画面が表示されるようになっており、リリース後の価格は69.99ドル(30%OFFで48.30ドル)となるそうです。

Design Cameraのライセンス価格

Design CameraはRotatoにリネームしたそうです。