ライブ配信アプリ「OBS Studio v26 RC 1 for Windows」が仮想カメラをネイティブサポート。Mac/Linux版も今後サポート予定。

スポンサーリンク

 ライブ配信アプリ「OBS Studio v26 Release Candidate 1 for Windows」が仮想カメラをネイティブ・サポートしたと発表しています。詳細は以下から。

OBS Studio

 オープンソースのライブ配信アプリ「OBS (Open Broadcaster Software) Studio」を開発しているOBS Projectは現地時間2020年08月30日、OBSの次期アップデート候補である「OBS Studio 26.0.0 Release Candidate 1 (以下、RC 1)」を公開し、Windows版で仮想カメラをネイティブサポートしたと発表しています。

OBS Studio 26 Release Candidate 1 support Virtual Camera

OBS Studioで編集/合成した映像を仮想カメラを通して直接Zoomに配信することも可能に。

スポンサーリンク

OBS Studio v26 RC 1の新機能

 OBS ProjectのBen Torellさんによると、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でZoomやGoogle Meet、Microsoft TeamなどとOBS Studioを利用して配信を行うユーザーが増えたことが原因か、ここ最近OBS Studioを利用する人々の間でCatxfishさんがオープンソースで開発しているOBS Studioに仮想カメラを作り出すOBS-VirtualCamが最も人気のプラグインとなっていることから、OBS側もこの仮想カメラ機能をネイティブサポートするために動き出したそうで、

OBS Studio 26.0.0 Release Candidate 1のSource toolbar

The OBS Studio 26.0 Release Candidate is now available for testing! A lot of exciting features and changes are included in this release, and we would love your help in testing them out before this build is release more widely. Some of the highlights include:

  • Native virtual camera (currently Windows-only)
    One of the most popular OBS plugins in recent days has been the OBS-virtual-camera plugin by Catxfish. Because of the increased demand, we’ve created our own version of this plugin and included it natively in OBS, with a button on the main interface to start/stop it.

OBS Studio 26.0 Release Candidate – OBS Forums

OBS Studio v26 RC 1 for Windowsでは、OBS-VirtualCamプラグインのインストールなしに仮想カメラが追加されているため、Zoomなどのアプリに接続すればOBS Studioで編集/合成した映像をそのまま利用中のライブ配信サービスに配信可能で、RC 1ではこの他、ソースを素早く切り替えてプレビューできる[Source toolbar]やSource toolbarの追加ボーナスとして読み込んだメディアソースの再生位置をコントロールできる[Media controls]機能、そしてOBSのPreviewやSourceのスクリーンショットを保存する機能が追加されています。

OBS Studio 26.0.0 Release Candidate 1 Source toolbar

Source toolbarは[View] > [Source toolbar]から表示可能。

Mac/Linux版の仮想カメラは今後

 OBS Studio v26 RC 1で仮想カメラがネイティブサポートされているのはWindows版だけですが、Torellさんは今後Mac/Linux版のOBS Studioでも仮想カメラをサポートする予定で、MacではTwitter エンジニアのJohn BoilesさんがWindowsのOBS-VirtualCamプラグインをポートしたOBS (macOS) Virtual Cameraが既に公開されていることから、マージされれば署名問題などが解決すると思われます。

 また、仮想カメラ以外の[Source toolbar]や[Media controls]、スクリーンショット機能はOBS Studio v26 RC 1 for Macでも利用できるようになっているので、興味のある方は試してみて下さい。

OBS Studio v26 RC 1 for Mac

OBS Studio v26 RC 1ではこの他、数多くの不具合修正と改善が行われています。