Apple、「macOS Mojave 10.14.6 追加アップデート Build 18G95」でVMware Fusionの仮想マシンのパフォーマンスが低下する問題を修正。

スポンサーリンク

 Appleは「macOS Mojave 10.14.6 追加アップデート Build 18G95」でVMware Fusionの仮想マシンのパフォーマンスが低下する問題を修正したそうです。詳細は以下から。

VMware Fusionのアイコン。

 Appleは現地時間2019年08月26日、macOS 10.14.6向けに2度目の追加アップデートとなるmacOS Mojave 10.14.6追加アップデート (Build 18G95)」をリリースしましたが、この追加アップデートではmacOS 10.14.6アップデート後にVMware Fusionの仮想マシンのパフォーマンスが著しく低下する不具合が修正されているそうです。

macOS Mojave 10.14.6追加アップデート

非常に大きなファイルを扱う際にパフォーマンスが低下することがある問題を修正

リリースノートより抜粋

e

 VMwareチームのkscさんによると、Appleのリリースノートにある「非常に大きなファイルを扱う際にパフォーマンスが低下する問題の修正」が今回のVMware Fusionの不具合修正に当たるそうで、VMwareは既に問題を軽減させるパッチVMware Fusion v11.1.1を公開していますが、macOS 10.14.6 Build 18G95アップデート後はこのパッチを適用しても/しなくてもパフォーマンスは改善されるそうです。

VMware Fusion Forum

Indeed they did!
I have a confirmation from Apple that “very large files” specifically refers to this issue.

VM became extremely slow after upgraded to macOS 10.14.6 – VMware Communities