iA Labs、葛飾北斎の富嶽三十六景 神奈川沖浪裏をモチーフにした4K解像度の壁紙を公開。

スポンサーリンク

 iA Labsが葛飾北斎の富嶽三十六景・神奈川沖浪裏をモチーフにした4K解像度の壁紙を公開しています。詳細は以下から。

iA Writerのロゴ

 Mac/iOS/Windows/Androidのクロスプラットフォームに対応したMarkdownエディタアプリ「iA Writerを開発しているドイツのiA Labs GmbHが葛飾北斎の富嶽三十六景・神奈川沖浪裏をモチーフにした4K解像度(4320×2708)の壁紙17枚を公開しています。

Both iA Writer for Mac and iOS are localized in English, German, Japanese, Chinese, French, Italian, Portuguese and Spanish. For this update, we’ve decided to add a little present: 17 beautiful wallpapers for your desktop, mobile phone, or tablets.

Eight Languages Wrapped in Wallpaper – iA Writer

 これはiA Writerが英語、ドイツ語、日本語、中国語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語の8言語にローカライズされたことを記念して公開されたようで、波の中には17言語の有名な散文が散りばめられており、

日本語の場合は谷崎潤一郎「陰翳礼讃」で、各言語の壁紙ともにLigh/Dark Modeが利用できるようになるmacOS Mojaveを意識して昼と夜の壁紙があり、日本は日の出の壁紙も用意されているので、利用してみたい方はGitHubのリポジトリをチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    お洒落ですね。 😀