マルチプレイヤー表示やタイミング調整機能などを搭載した多機能メディアプレイヤー「Videoloupe for Mac」がリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 マルチプレイヤー表示やタイミング調整機能などを搭載した多機能メディアプレイヤー「Videoloupe for Mac」がリリースされています。詳細は以下から。


 VideoloupeはBe IncやAppleのソフトウェアエンジニアだったKenny Carruthersさんが開発した動画編集者向けの多機能メディアプレイヤー/エディタで、今年1月にMac App Storeでリリースされていましたが、撤退し3月より新たに公式サイトでの販売を開始したそうです。

Videoloupe is a feature rich media player for macOS. With support for synchronized playback, basic color adjustments, lossless trimming, frame extraction and more, Videoloupe offers ease of use and power in an affordable package.

Videoloupe for Mac – The Video Player for Videographers

 マルチプレイヤーやフィルター、波形モニタ、ウォーターマーク機能などを備えており、AppleがQuickTime/QTKitに代わりmacOSにも導入したAVFoundation/AVKitを利用しており、iPhoneなどで撮影した動画をブラウズ&再生可能となっています。

 Videoloupeにはその他以下の様な機能が備わっており、価格は29.99ドルですが14日間無料で全ての機能を利用可能なトライアル版も公開されているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。

  • Multiple Players : 最大9つのビデオプレイヤーウィンドウの表示
  • Adjustments & Filters : 動画のカラーやトーンを調整
  • Waveform Scopes : RGB波形モニタを利用したカラーバランスを確認
  • Watermarks & Overlays : ウォーターマークの設置&書き出し
  • Advanced Playback Controls : スローモーション再生やフレームシークなどが利用可能なコントローラー
  • Synchronized Players : 最大9つのプレイヤーを同時に調整
  • Timing Analysis : 複数のシーンのタイミングを調整可能なタイミング解析パネル
  • Track Visualization : オーディオ波形やサムネイル画像を表示可能なタイムラインビュー