ClassicなMac OSのようにアプリケーションウィンドウをワンクリックするだけで、関連するウィンドウを全て前面に表示してくれるユーティリティ「All Windows Appear」がリリース。

スポンサーリンク

 ClassicなMac OSのようにアプリケーションウィンドウをワンクリックするだけで、関連するウィンドウを全て前面に表示してくれるユーティリティ「All Windows Appear」がリリースされています。詳細は以下から。

All Windows Appear

 All Windows Appearは環境音アプリVicinityやスクリーンセーバー抑制アプリTheineなどを開発&公開しているドイツ人エンジニアのMartin Lexowさんが新たに公開したゆーティリティアプリで、ClassicなMac OSのようにアプリケーションウィンドウがクリックされると、そのアプリと関連したウィンドウが全て最前面に表示される機能があります。

If “All Windows Appear” is activated, focusing a window on macOS will bring all related windows of the app to the front too – so all windows appear!
Features

  • Classic Mac OS Window layering
  • Super lightweight menu bar app
  • Autostart on launch
  • Dark and light mode support
  • Carefully crafted, beautiful UI

‎All Windows Appear – Mac App Store

 使い方はアプリを起動し、メニューバーアイコンまたは[Preference]ウィンドウから「✅All Windows Appear」を有効にするだけで、後は、複数のウィンドウからなるアプリケーションのウィンドウどれか1つをクリックするだけで、以下のように全ての関連ウィンドウが表示されるようになります。

All Windows Appearの設定

 同様の機能を持ったアプリは、米Ars TechnicaのJohn Siracusaさんが、これまで利用していたアプリが利用できなくなったとして1月上旬にFront and Centerというアプリを公開しましたが、Martinさんは週末にPixelCutのUIデザインツールDramaの練習としてこのアプリを開発したそうで、

All Windows Appear

どちらのアプリもDragThingなどのアプリケーションランチャーやウィンドウマネージャのクローンアプリですが、All Windows Appearは今の所無料で公開しておくそうなので、興味のある方はチェックしてみてください。

Front and Centerは今後のアップデートで「Trigger」という新機能を追加するそうです。

コメント

  1. 匿名 より:

    Front and Centerを買ったばかりなのにw
    どっちかがメンテされなくなる可能性もあるし無料の内に確保させていただきます。

  2. ななしさん より:

    なんか似たようなアプリというか記事がありますね。
    個人的には一番負荷の少ない、安定したものが嬉しいのですが、そもそも複数ウィンドウを表示させる段階で負荷は大きくなるかぁ…

    うーん。