Apple、macOS 10.13.4 High SierraでChromeをデフォルトブラウザに設定すると外部アプリからリンクを開いた時にBlankページが表示されてしまう不具合を修正。

スポンサーリンク

 AppleはmacOS 10.13.4 High SierraでChromeをデフォルトブラウザに設定すると、外部アプリからリンクを開いた時にBlankページが表示されてしまう不具合を修正したそうです。詳細は以下から。

Google Chromeのロゴ

 Appleが現地時間2017年09月25日に公開したmacOS High Sierraには、”open URL”に対するApple Eventに不具合があり、Google Chromeをデフォルトのブラウザとして設定するとメールやSlackなどの外部アプリからリンクを開いた際にURLが空のBlankページが表示されてしまうという現象がApple Support CommunitiesやGoogleのIssuesで数多く報告され問題となっていましたが、

Leonard Grey
Yes, it’s resolved in 10.13.4, and the dock bounce workaround has been in stable for some time.

777863 – Opening http(s) links from other apps opens a blank window/tab after sleeping overnight – chromium – Monorail

GoogleのLeonard Greyさんによると、Appleはこの不具合を2018年03月30日にリリースしたmacOS 10.13.4 High Sierra内で修正したそうで、加えて、Googleはこの不具合がChromeにアップデートがある状態でChromeを利用し続けた場合に発生していたことを考慮して、ChromeにアップデートがあるとmacOSのDockに表示されているChromeアイコンをバウンドさせる機能も導入している(導入中?)そうです。


 Appleはこの他にもmacOS 10.13.4でFAT32フォーマットのストレージに2GB以上のファイルがコピーできない不具合APFS暗号化ボリュームのパスワードが平文のままログに保存されてしまう不具合htopや特定の順序のプロセス実行でシステムがフリーズしてしまう不具合を修正していますが、

macOS 10.13.4では4Kなど高解像度の外部ディスプレイでiTerm2やAtom、VS Codeを利用するとマウスカーソルが消える不具合DisplayLinkやDuet Display, Air Displayなどサードパーティ製のディスプレイアプリが利用できなくなる不具合などが発生しているので、macOS 10.12 Sierraからのアップデートを考えている方は注意して下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    OSの不具合だったのか
    Appleが修正しないと治らないとかアプリ開発者大変だな

    • 匿名 より:

      「サードパーティのアプリの動作はappleには責任ない」
      今までこういう信者らが巣食うコミュニティだったから、これからのApple大変だろうな