High Sierraでhtopコマンドなどを実行するとシステム全体がフリーズする不具合はmacOS 10.13.4で修正されたもよう。

スポンサーリンク

 macOS High Sierraでhtopコマンドを実行するとシステム全体がフリーズする不具合はmacOS 10.13.4で修正されたようです。詳細は以下から。

実行ファイルのアイコン。

 Appleが2017年09月にリリースしたmacOS High SierraにはシステムのCPU,メモリなどの使用率やタスクを表示してくれるhtopコマンドや適当なコマンドをexec関数で実行した直後に”task_for_pid”でタスクのプロセスIDを取得したり、“while true; do sh -c “exit 0″; done”1行で最悪の場合システムをフリーズさせてしまう不具合が確認されていましたが、

macOS freeze 17行 Cコード

この不具合は現地時間2018年03月29日にリリースされたmacOS 10.13.4 High Sierra」アップデートで修正されたようで、同バージョンでは以下の様に再現されず、この不具合のため一時的にScan Thread機能を無効化しているhtopコマンドについても今後マージされるようなので、macOS 10.13.4へアップデートされた方は確認してみて下さい。

macOS 10.13.4ではカーネルに関する脆弱性が5件修正さ、その一部が公開されています。

コメント

  1. 匿名 より:

    やっぱり予想通りこれもOS側の不具合が原因だったんだな
    「htopがmacOSのコマンドかと思ったが、サードパーティのアプリの動作はappleには責任ない。」
    とか抜かしてた狂信者様は今も息をしているのだろうか