SIPとcronの不具合を利用しmacOS 10.13.1 High Sierraで非rootユーザーがroot権限を得られる脆弱性が発見されたもよう。

スポンサーリンク

 SIPとcronの不具合を利用しmacOS 10.13.1 High Sierraで非rootユーザーがroot権限を得られる脆弱性が発見された様です。詳細は以下から。

実行ファイルのアイコン。

 イギリスPosixOne Ltdのエンジニアでセキュリティ研究者のMark Wadhamさんはあるソフトウェアのセキュリティ調査を行っていた際、macOS 10.13.1でセキュリティ整合性保護機能(SIP:通称rootless)で保護されていないファイルに非rootユーザーで書き込めてしまう不具合を発見したそうで、書き込みを行ったファイルは所有者がrootから変更されてしまうようですが、

Recently I was working on a security issue in some other software that has yet to be disclosed which created a rather interesting condition. As a non-root user I was able to write to any file on the system that was not SIP-protected but the resulting file would not be root-owned, even if it previously was.

macOS High Sierra 10.13.1 insecure cron system – Mark Wadham

Wadhamさんは友人の助言によりmacOSのcronシステムはcrontabの所有者をチェックしない事に気づき、cronの整合性チェック問題とSIPの不具合を利用すれば以下の方法でroot権限を得ることが可能だったとコメントしています。

I then discovered (after a tip from a friend – thanks pndc!) that the cron system in macOS does not care who the crontab files are owned by. Getting root was a simple case of creating a crontab file at:

/var/at/tabs/root

with a 60-second cron line, eg:

* * * * * chown root:wheel /tmp/payload && chmod 4755 /tmp/payload

macOS High Sierra 10.13.1 insecure cron system – Mark Wadham

 この脆弱性は既にAppleに報告されたようですが、macOS 10.13.2でも修正された形跡は無く、Wadhamさんもこれ以上の情報を公開していないので今後のセキュリティ・アップデートで脆弱性が修正された後に詳細がdiscloseされると思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    ダサい、とにかくダサすぎる……

  2. 匿名 より:

    ヒドい、とにかくヒドすぎる……