Apple、I am root問題を含んだ「macOS 10.13.1 High Sierra」のインストーラーやアプデーターをCDN上から削除。

スポンサーリンク

 AppleがI am root問題を含んだ「macOS 10.13.1 High Sierra」のインストーラーやアプデーターをCDN上から削除しています。詳細は以下から。

iamroot logo

 Appleは現在、CPUのMeltdown脆弱性への緩和策を講じたmacOS 10.13.2およびSpectre脆弱性向けのSafari v11.0.2をmacOS/OS XやiOS 11へ提供していますが、これらの脆弱性を修正された前後でパフォーマンスがどう変わるのかを確認するためインストーラーをダウンロードしようとAppleのCDNへアクセスしたところエラーが返ってきました。

macOS 10.13.1 アップデートが削除

 確認したところ、Appleは#iamroot問題を含んだmacOS 10.13.1 High Sierraのインストーラーに加え、通常はサポート終了後も公開しているmacOS 10.13.0からのアップデーターを全てCDNから削除しユーザーが謝ってアップデートしないようにしたようで、

AppleのCDNから削除されたmacOS 10.13.1

あまりないと思われますが、macOS 10.13.1に依存したシステムを構築されている方は確実にバックアップを作成してからアップデートすることをお勧めします。

  1. macOS 10.13.0 追加アップデート
  2. macOS 10.13.1
    • 削除済み : macOS High Sierra 10.13.1 update(2.11 GB) – Apple
    • URL : https://support.apple.com/kb/DL1941
  3. Security Update 2017-001 (#iamroot脆弱性を修正)
  4. macOS 10.13.2
  5. macOS 10.13.2追加アップデート

コメント

  1. 匿名 より:

    Apple「macOS 10.13.1は無かった、いいな?」

  2. 匿名 より:

    ひどい問題が残ってる/含まれてるのだから仕方がないわな