Apple、macOS 10.13.4 High SierraでサポートされたeGPUが利用できるMacと推奨eGPUボックスやカードのリストを公開。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.13.4 High SierraでサポートされたeGPUが利用できるMacと推奨GPUカードのリストを公開しています。詳細は以下から。

Apple eGPUのアイコン。

 Appleが本日リリースしたmacOS 10.13.4 High SierraではThunderbolt 3エンクロージャを用いてグラフィックカードを接続できるeGPUが正式にサポートされましたが、このeGPU機能は全てのMacが対応しているわけではないそうです。

外部グラフィックスプロセッサ(eGPU)のサポートを追加

リリースノートより抜粋

スポンサーリンク

サポートするMac

 Appleが先ほど公開したサポートドキュメント“Use an external graphics processor with your Mac”によると、eGPUをサポートするのはThunderbolt 3ポートを搭載した以下のMacBookおよびiMacで、開発者向けに公開されていたBeta版で利用可能だったThunderbolt/2アダプターを利用した接続は現在のところ非サポートとなっているようです。

Thunderbolt 1または2ポートを搭載したMacでeGPU

  • eGPUをサポートするMac
    • 2016年以降のMacBook Pro
    • 2017年以降のiMacおよびiMac Pro

推奨GPUとエンクロージャ

 また、AppleはeGPUエンクロージャ(Thunderbolt 3 chassis)とGPUについても推奨製品を記載しており、推奨エンクロージャとGPUの組み合わせは以下の通りで、macOSがネイティブサポートするAMD Radeon GPUとそのGPUの消費電力に十分対応できる製品を選ぶようにコメントしています。

  • RX 470/480
  • RX 570/580
  • Radeon Pro WX 7100
RX Vega 56
  • RX Vega 64
  • Vega Frontier Edition Air
  • Radeon Pro WX 9100
OWC Mercury Helios FX
PowerColor Devil Box
Sapphire Gear Box
*公式サイトが”404″
Sonnet eGFX Breakaway Box 350W
Sonnet eGFX Breakaway Box 550W
Sonnet eGFX Breakaway Box 650W
MXMグラフィックカードを採用したAll-in-oneの「eGFX Breakaway Puck Radeon RX 570」も利用できるそうです。

その他

 その他、サポートドキュメントではeGPUの接続方法、アクティビティモニタのeGPU機能、Multi-eGPUのサポート, Boot Campを利用したWindowsでは非サポートなどの説明がされているので、eGPUでVRや3Dゲーム、Pro向けアプリケーションを利用される方は確認してみて下さい。

追記

 macOS 10.13.4 High SierraではeGPUのサポートに伴い、GPU(iGPU/dGPU/eGPU)の使用履歴を表示できる機能がアクティビティモニタに追加されています。

追記2

 Appleは2018年04月14日付でAMD Radeon RX 470および480のグラフィックカードを推奨リストに追加しました。

Use an external graphics processor with your Mac