eGPUに対応したmacOS 10.13.4 High Sierraでは、アクティビティモニタでGPU使用率の履歴表示が可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.13.4 High SierraではeGPUサポートに伴い、アクティビティモニタがGPUの使用履歴を表示することが可能になっています。詳細は以下から。


 Appleが現地時間2018年03月29日にリリースしたmacOS 10.13.4 High Sierraでは正式にeGPUがサポートされ、Appleの純正ドライバーでAMD系のグラフィックカードが利用できるようになっていますが、eGPUサポートに伴いmacOS 10.13.4のアクティビティモニタアプリに「GPUの履歴」という項目が追加されています。

GPU履歴表示をサポートしたmacOS 10.13.4のアクティビティモニタ

外部グラフィックスプロセッサ(eGPU)のサポートを追加

リリースノートより

 GPUの履歴項目はアクティビティモニタアプリの[ウィンドウ]に追加されており、ショートカットキーCommand + 4でも表示可能で、CPUの履歴と同じくGPUの使用履歴を表示することが可能になっています。

 GPUの履歴ウィンドウはiGPU/dGPU/eGPUの全てのGPUの履歴表示に対応しており、ウィンドウサイズを変更できる他、アクティビティモニタアプリの[表示] → [更新の頻度]から更新頻度を1秒/2秒/5秒ごとに設定することが出来るので、macOS 10.13.4へアップデートされた方はチェックしてみて下さい。