High Sierraでは将来的に2台以上のeGPUがサポートされ、Cinema 4Dなどで活用できるもよう。

スポンサーリンク

 将来的にHigh Sierraでは2台以上のeGPUがサポートされるようです。詳細は以下から。

Apple eGPUのアイコン。

 Appleは現地時間2017年12月14日、Xeon Wプロセッサを搭載した「iMac Pro」を発売しましたが、Appleはその数日前にVergeやArs、iMoreなどを招いてメディアイベントを行っており、そのイベントに参加したiMoreのRene Ritchieさんによると、AppleはHigh Sierraで2台以上のeGPUをサポートする方向で開発を続けているようです。

As of macOS High Sierra, Apple has also provided beta support for external GPU (eGPU). There’s no word yet on how many you can hang off an iMac Pro but I got to see two eGPU running today and, from what the developers were saying, they’d managed more in their own testing. Once eGPU comes out of beta, concern over future internal vendors and upgrades could well become a thing of the past. Fingers crossed.

iMac Pro first impressions: Beauty of a beast – iMore

 Ritchieさんによると、メディアイベントで披露されたiMac Proには2台のeGPUが接続され、Appleの開発者は自身のテストでさらに多くのeGPUを利用していると話したそうで、マルチeGPUの話は以前にもeGPU.ioフォーラムのユーザーらがパッチを当てることで制限はあるものの認識したとコメントしていたので、2018年春以降にリリースされるmacOS 10.13.x High Sierraでは複数のeGPUがサポートされるかもしれません。

High SierraでサポートされるマルチGPU

 また、Cinema 4Dを利用している開発者との会話では、彼は2台のeGPUとiMac ProのiGPU Radeon Pro VegaをCinema 4Dで利用していると話したそうで、AppleはAMDと協力しAMDグラフィックスとMetal 2の最適化を行っており、その結果、同じような構成の他のプラットフォームのグラフィックスハードウェアよりもiMac Pro(Radeon Pro Vega)の方が優れた結果を出しているようです。

Cinema 4DのiMac Pro Radeon Pro Vega 64ベンチマーク

The more specific knock against Vega Pro is that it’s more of a jack-of-all-trades card and not something that’s optimized for hard core gaming, for example. Yet, talking with developers like those who work on Cinema 4D, it became clear that a combination of Metal 2 and AMD produced results better than they’d seen with similar or even better graphics hardware on other platforms.

iMac Pro first impressions: Beauty of a beast – iMore

*2 : 128GBのRAMを装備した2.3GHz 18コアIntel Xeon W搭載27インチiMac Pro試作モデル(16GB HBM2搭載Radeon Pro Vega 64グラフィックスを装備)、64GBのRAMを装備した4.2GHzクアッドコアIntel Core i7搭載27インチiMac量産モデル(8GB VRAM搭載Radeon Pro 580グラフィックスを装備)、外部5Kディスプレイに接続し、64GBのRAMを装備した2.7GHz 12コアIntel Xeon E5搭載Mac Pro量産モデル(各6GB VRAM搭載デュアルAMD FirePro D700グラフィックスを装備)を使用し、2017年11月にAppleが実施したテスト結果によります。1.98GBのシーンを使用し、Cinema 4D R19.024でテストを実施(ポリゴン数6,000万)。パフォーマンステストは特定のコンピュータシステムを使って実施したもので、iMac Pro、iMac、Mac Proのおおよその性能を示しています。