OTOY、Intel iGPUやAMD、Apple M1 GPU対応のレンダラー「Octane ‪X‬」をMac App Storeでリリース。

スポンサーリンク

 OTOYがBlenderやCinema4D、Maya、Unityなどで利用可能なIntel iGPUやAMD、Apple M1 GPU対応のレンダラー「Octane ‪X‬」をMac App Storeでリリースしています。詳細は以下から。

Octane ‪X‬

 米カリフォルニア州のOTOY, Inc.は現地時間2021年03月09日、2019年からPublic Previewを公開した開発を続けてきたGPUベースのレンダラー「Octane X」の提供をMac App Storeで開始したと発表しています。

Octane X launches on the Mac App Store

OTOY is proud to officially launch Octane X on the Mac App Store – bringing the industry’s first and fastest spectral GPU renderer to millions of macOS users – with all Octane X DCC plug-ins, Enterprise features, and RNDR support available for free, for the first time ever, exclusively on macOS Big Sur.

Octane X launches on the Mac App Store! – OTOY

 Octane Xは2019年06月のWWDC2019でMac Pro (2019)と同時に発表され、最新バージョンはAppleのグラフィックスAPI「Metal」に最適化することで、Intel MacのiGPU(SkyLake GPU)だけでなくAMDのPolaris, Vega, NaviやApple M1(Beta)のGPUを利用した分散型GPUレンダリングネットワークRNDRをサポート。

 ライセンスはFreeおよびPrime/Enterpriseサブスクリプションが用意され、システム要件はmacOS 11.1 Bigu Sur以上のMacで、無償の個人/商用使用では1GPUのみでネットワークレンダリングは利用できませんが、BlenderやMaxon Cinema4D、Autodesk Maya、Unityなど3Dコンテンツ作成ツール用のプラグインが用意されているので、興味のある方はサインアップしてみてください。

BlenderやCinema4D、Maya、Unityなどで利用可能な

2019年以降のMac ProやiMac、MacBook Proユーザーは各サブスクリプションに1年間無料でアクセス可能。